弁護士コラム

労働法務

Section banner corporate legal

企業法務

コロナ禍における外国人の在留資格について② 労働法務 2020年09月02日

前回のコラムでは、すでに日本に入国している外国人実習生等の在留資格について、どのような措置がとられるのかを紹介させていただきました。 今回のコラムでは、逆にこれから日本に入国する予定であった外国人実習生の取り扱いについて紹介させていただきます。 「これから就業予定だった実習生が日本にくることができなくなったんだけどどうすればいいの?」 といったお悩みを...

コロナ禍における外国人の在留資格について① 労働法務 2020年08月24日

2020年9月が迫った今でも、新型コロナウイルスの影響は衰えることなく、さらなる猛威をふるっています。 技能実習生を受け入れている事業所では、 「帰国予定だった実習生が帰れないけど、どうしたらいいの?」 「もうすぐ実習期間が終わるんだけど、どうしたらいいの?」 というような、様々な、お悩みが弊所に多く寄せられております。 そこで、今回のコラムでは、2回...

外国人労働者を受け入れる際にやっておくべき準備 労働法務 2020年07月23日

外国人労働者を受け入れることが決まっても、「何から手を付けたらいいかわからない」という事業者様からの御相談、お悩みを多く伺うことがあります。 技能実習生の場合であっても、監理団体は、手続上の必要なことは教えてくれますが、外国人労働者として受け入れに際しての十分なアドバイスを多くもらえるわけではありません。 技能実習生であっても基本的に日本人従業員と同等...

会社は従業員に対してマスクの着用を指示できますか。 労働法務 2020年02月08日

会社は従業員に対してマスクの着用を指示できますか。 2020.2.8 2020年5月20日追記 弁護士中野雅也 【鉄道会社が駅員等にマスク着用を指示した旨の報道】 報道によると、新型肺炎の感染拡大を防ぐ目的により、首都圏の鉄道会社が駅員や運転士にマスクの着用を推奨又は指示しており、業界としては異例とも言える対応を取っているとのことです。 2020年2月...

妊娠と退職合意 労働法務 2017年02月09日

「退職合意が自由な意思に基づいたものだと認めるだけの、合理的な理由が客観的に存在すること」を、会社側が立証しなければならないという判断基準を示したとのことです。 この判決は、企業の労働法務に何らかの影響を与えるものでしょうか? 与えるでしょう。 もし影響があるとすれば、この判決を受け、企業ではどのような点に注意すべきでしょうか? 自由意思での退職である...

職場での旧姓使用 労働法務 2016年11月07日

10月,職場での旧姓使用に関する判決が東京地裁でありました。 私立学校の教員が職場での旧姓使用を認めるように求めていた訴訟です。 判決は学校側の言い分を認めて教員の請求を棄却しました。 最近,旧姓使用の問題や夫婦別姓の問題などがかなり議論されています。 東京地裁の判決を解説する前に,昨年12月に出された夫婦別姓に関する最高裁判決を見ておきましょう。 こ...

ページ
トップへ