領収書の虚偽記載

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 私の会社では、社員同士の打ち合わせ食事も会社経費で精算できるのですが、このような「社内」目的での使用に関しては金額制限があります。そのため社内の打ち合わせ食事を「●●商事との打ち合わせ」など、社外との打ち合わせのように書類を作り、領収書を回してくる社員の方があるようです。このような場合、コンプライアンスや道徳上(?)の問題はあると思いますが、法律上でも何かの罪になるのでしょうか?



(30代:女性)

関連Q&A

役員就任の退職金は自己都合?

労働法務 2016年12月02日

2年ほど前に勤めていた会社から、役員になって欲しいと言われ、何度も固辞しましたが、結局役員になりました。役員になっても、今までと仕事内容と給料は全く同じでした。 この度、会社を辞めることになり、退職金の明細の説明を受けました。 その内...

運転記録証明の取得を業務上義務付ける事は出来る?

労働法務 2014年06月04日

弊社では会社費用で年1回全社員の「安全運転記録証明」を取得しています。今年になり、ある社員から「運転記録証明」を会社が本人を代理して取得するための「委任状」に記名捺印を求めたところ、個人情報を理由にして拒否されました。会社では就業規則...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相談文から、相談者の会社では、社員同士の打ち合わせにかかった食事代は一定金額を超えると、領収書を会社側に提示しても精算しないというシステムを採られているということがうかがえます。

     そうであるにもかかわらず、領収書に社外との打ち合わせであった旨の虚偽の記載をし、会社側にそのような事実があったと誤信させることによって、会社から食事代を得た場合には詐欺罪246条1項)が成立します。

     詐欺罪は10年以下の懲役に処せられる重大な犯罪ですので、仮に相談文にあるような領収書を会社側に提出している社員がいるのであれば刑事告訴も視野に入れて対処するべきだと思います。

2014年01月07日

労働法務に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ