支払い日の決め方について

User image 1 lu_e215c61fさん 2019年05月19日 10時25分

3月に仕事をお願いした会社がありました。
12万程度です。
契約書は交わしてません。

弊社のサイトは末日〆65日払いです。
その会社のサイトは末日〆45日サイトです。

そこの認識は事前通達もなく、見積書に書いてるのみでした。

で、その期日に支払いしなければ、訴えると来てます。

どう対応したら良いですか?

付き合いは以前の会社からありその時はこちらのサイトに合わせてたのですが、会社移った途端、何の報告もなく、見積書に記載したから了承したも同然と申告してきてます

当然支払う義務はあるし、支払う意志もあります。
が、いきなり弁護士対応するで正直カチンと来てる部分もありますが、如何でしょうか

まずは、従前の経緯を説明の上、今回は65日経過時点で支払う旨と、仮に強硬に45日での支払いを求める場合は今後の取引につき見直し検討中などと伝えてはいかがでしょうか。
本件で厳密に報酬の支払時期がいつかは上記事情のみから明確には分かりかねますが、先方も今の時点で弁護士依頼するのは費用対効果に見合うとは言い難く、単に弁護士対応予定と言っているにすぎない可能性もありますので。

2019年05月19日 10時42分
お礼メッセージ

ありがとうございます

私もそう思ってたのですが、先方がそう言ってたので

費用対効果考えなくてしてるのかなと思ってました。

ありがとうございました‼️

いずれの同意をもって、合意したかが問題になるでしょう。
明示が無ければ、諸事情から、想定されるところになるかと思います。
もっとも、45日が経過して、訴訟提起して判決が出ることろには、さらに20日以上は経過しているでしょうので、あまり現実的には意味のない裁判になるかと思います。

2019年05月19日 11時54分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する