飲み会に会社がいくつもの制限を付けてきますが、これはあってもいいことなのでしょうか?

User image 1 lu_aa59061bさん 2020年02月14日 23時25分

アルバイトでも質問出来ますでしょうか?

今アルバイトとして働いている企業はそれなりに知られている大企業なのですが、送別会・歓迎会を行うにあたって夜22時までに帰ることの出来るような時間に終えるよう指示がありました。
また、参加者全員の帰宅方法を責任者を通じて教えなくてはならない他、どこのお店でなんのコースを頼み、何時に退店したかなど証拠になるようなものの提示を求められています。
これらを守れなかった場合、その場にいなかったとしても上のクラスの方が懲戒解雇されますと通達されました。

その日はお店は営業してない日ですし、営業にも影響はないはずなのですが企業としてここまでプライベートのことに口を出せるものなのでしょうか?

業務として、会社の費用で行われるならば従う必要があるでしょう。

そうでない場合のプライベートな場合は、基本的には自由ですが、相当に合理的な制限はありえます許されるとされております。
例えば会社飲み会でのセクハラ、パワハラ行為を防ぐために必要な措置とか、会社の品位を落とすような行為を避けることなど。

ご記載は、制限にしても、それに違反した罰が解雇ということにしても、不相当に厳しすぎるかと思います。
違法の可能性はあるでしょう。

2020年02月15日 09時55分

それは、会社が、福利厚生費として税務処理をするために、必要
だからですね。
会社が主催したことを証明するために、また費用を負担したこと
を証明するために必要な指示ですね。
適正な費用でないと税務署が承認しないからですね。
税務署がこまかく追及するので、損金に計上できるように、会社
の経理が要求してるのでしょう。

2020年02月15日 10時29分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する