株式譲渡と利益相反に関する承認決議について

User image 1 lu_1a67ea87さん 2020年05月14日 10時48分

当社が97%、甲社が3%の株式を保有する会社があります(以下A社)。なお、取締役会は設置しておりません。
そのA社の役員は、当社に属する者の中から3名、甲社における代表取締役の方(以下B)の4名という構成になっています。

このたび、甲社が保有する3%の株式を当社が買い取ることになったのですが、A社の役員(代表権はありません)として、Bは継続します。

このような場合、以下の認識に誤りはありますでしょうか。
①A社において、株式譲渡と利益相反取引(A社とBが代表取締役である会社との株式譲渡契約の締結のため)に関する承認決議が必要
②Bは、その株主総会にA社の役員としては出席できないが、株主である甲社の代表としては出席できる

また、株式譲渡と利益相反取引に関する承認決議を一回の株主総会で済ませようと思っていますが、分けた方が良い等はあるものでしょうか。

①冒頭3行記載の点を前提とした「貴社と甲社との株式譲渡契約」であれば、A社自身の取引行為ではないので微妙なところですが、念のためA社株主総会議事録も作成しておいた方が無難でしょう。
②「株主総会」を実施する場合には、BはA社役員として出席義務があるとともに(会社法314条)、甲社代表者として議決権を行使することは可能です。
③「株式譲渡」に関しては、貴社と甲社との取引ですので、貴社や甲社において、代表取締役単独で実施できる行為か、それとも重要財産処分や利益相反取引として各自取締役会決議が必要か否かによります。
厳密には、株式譲渡が成立すると甲社はA社の株主ではなくなってしまいますので、一括で実施する場合には、貴社と甲社との株式譲渡契約書において、A社株主総会決議での承認済みである旨の条項を入れておいた方がよいでしょう。

2020年05月14日 11時13分
お礼メッセージ

小川先生

いつもありがとうございます。

>①冒頭3行記載の点を前提とした「貴社と甲社との株式譲渡契約」であれば、A社自身の取引行為ではないので微妙なところですが、念のためA社株主総会議事録も作成しておいた方が無難でしょう。

確かに、A社自身の取引行為ではないですね。。
この点を整理できていない中で質問してしまいましたが、無難ということですね。

このたびは、ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

基準日後の株式譲渡と配当について

企業法務 2020年05月27日

当社が90%、A社が10%の株式を保有する会社(以下B社とします)があります。 来る6月末日にA社から、その保有する全部の株式を譲り受け、当社がB社の完全親会社になる予定です。 そのB社の資本金は3000万円であり、7月末日を効力発生...

【下請取引】消費税の端数切捨て処理(請求書で端数が繰り上げられている場合)が下請代金の減額に該当するか?

企業法務 2020年05月12日

下請取引で、下請事業者が消費税の端数を四捨五入により繰り上げて請求書を発行した場合に、親事業者が消費税の端数を切捨てて支払う行為は、下請法上の「下請代金の額を減ずる行為」とみなされるでしょうか。 消費税の端数処理について、「支払時点に...

顧客企業に無償で提供した製品のインタビュー掲載は、ステマとして違法か?

企業法務 2020年04月21日

「A社が、自社が販売している製品を、 A社の顧客企業であるB社、C社、D社、E社、F社等に、 採用事例のインタビューに協力することを条件として、 無償で贈与する。」 という行為は、 法的に問題がありますか? (利益提供型のステマとして...

事業譲渡で、譲渡会社の清算結了後に、譲受会社は誰かに表明保証責任を追及できるか?

企業法務 2020年04月21日

A社:事業の譲渡会社。従業員は約10名。C社の100%子会社 B社:事業の譲受会社 C社:A社の完全親会社。従業員は約200名。 ①A社がB社に事業の一部を譲渡(事業譲渡による。従業員も転籍)。 A社は事業譲渡契約でB社に対して表明保...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する