業務委託契約の損害賠償条項について

User image 1 lu_86ec4dfdさん 2021年07月21日 00時46分

Webデザイナーの個人事業主です。
現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。
契約書の以下の条項が入っています。
>(損害賠償
>乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の損害のすべて(弁護士費用を含む。)について賠償責任を負うものとする。

●以下、質問です。

(1)
これは、民法の「通常損害」と解釈できますか?加重された損害賠償責任でしょうか?フリーランスの損害保険に加入したばかりですが、保険 金をお支払いできない主な場合に「契約上加重された責任または保証に起因する損害賠償」という文言が何箇所か含まれていますので、不安です。

(2)
>(弁護士費用を含む。)
とある場合、私の債務不履行でお客様に損害を与えたことが明らかになった場合、企業様が負担した弁護士費用は全額払わなければいけないのでしょうか?

これは、民法の「通常損害」と解釈できますか?加重された損害賠償責任でしょうか?

弁護士費用分が加重です。
それは普通損害賠償に含まれません。
その場合に保険会社が、通常の損害部分だけでも保証してくれるのかは規約次第です。

(2)
>(弁護士費用を含む。)
とある場合、私の債務不履行でお客様に損害を与えたことが明らかになった場合、企業様が負担した弁護士費用は全額払わなければいけないのでしょうか?

本契約条項について、合意しないとして修正を求めることになるでしょう。
そうでない場合は、請求される可能性はありますが(万が一そうなれば争う余地もあります)、無制限では無いでしょう。

2021年07月21日 10時22分
お礼メッセージ

早速のご回答をありがとうございます。
損害保険と加重分、弁護士費用の請求の件、大変よくわかりました!

(1)弁護士費用は、債務不履行責任における損害には含まれず、契約により加重された責任となります。
また、上記文言では、特別損害の責任(例:転売利益など)を除外していないので、もし除外する必要があるのであれば特別損害を除外する旨の文言を付記したほうがよいでしょう。

(2)約定上は全額負担となりそうですが、法的手続に移行した場合に裁判所の判断で制約する可能性があるほか、調停や訴訟上の和解では弁護士費用を加算しないのが一般的ですので、交渉する余地はあるでしょう。

2021年07月21日 10時36分
お礼メッセージ

ご回答をありがとうございます。
加重責任、調停や訴訟上の和解では弁護士費用の詳しいご説明、助かります!
勉強になりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

ホームページ制作途中の、お客様からの無茶な追加要求について。何とか現状を打開できないでしょうか?

企業法務 2021年05月28日

ホームページ制作の契約を交わし、ページ制作途中(現在、テストの全体ページ制作は完了している)のお客様から、事前にうちでは対応できないとハッキリ伝え、了解も得ていた事項をやはり対応してほしい。出来ないというなら、制作はこれ以上進めないと...

自治体から受託した事業の再委託が可能になる条件において、委託先→再委託先への指揮命令が可能になる場合について

企業法務 2021年04月25日

多くの自治体が出している「業務委託契約の再委託に関するガイドライン」について質問させてください。 上記のガイドラインについては、どの自治体についてもほぼ同様の内容が書かれています。 その中で、「再委託の発注者に承認が必要なもの」(承認...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する