仕事の代金を請求しても支払ってくれない。

User image 1 天城越えさん 2017年01月27日 02時27分

仕事での取引相手との事です。
相手先から仕事の依頼を受け、品物を納品しました。
そして請求書を送りましたが、約束の日になっても支払いがされません。
電話しても居留守をしたりで、支払う意思が見られません。
こんな時、法的手段で支払わせる事は出来ないのでしょうか?

法的手続を行なう場合には、相手との契約の存在を立証する必要があります。
少なくとも、①相手から品物を発注した資料(注文書やメール等)、②代金額に合意したことを示す資料、③品物が相手に納品されたことを示す資料(配達記録)を用意する必要があります。

そうした証拠関係が確認できるのであれば、まずは文書で支払いを求めた上、なお支払わない場合は訴訟等の法的手続に移行する必要があります。

2017年01月27日 09時37分

契約書張るのでしょうか、また納品書はあるのでしょうか。

訴訟になると、これらの証拠が必要です。
法的手段となると訴訟になります。その場合、弁護士に依頼した方が良いと思いますので、弁護士費用もかかります。

中小企業のひまわりホットダイヤル、地域によっては、弁護士会の30分無料がありますので、ここで、相談してはどうでしょうか。

2017年01月27日 15時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社車両のプライベート使用

企業法務 2020年06月10日

会社名義車両の使用 についてのお聞きしたいことがあります。 社員、パートで20数名の株式会社です。 現在社長が使用している車は、会社名義の車両です。 この普通乗用車を社長の同居者に普段使いに使用させており困っております。ガソリンも会社...

基準日後の株式譲渡と配当について

企業法務 2020年05月27日

当社が90%、A社が10%の株式を保有する会社(以下B社とします)があります。 来る6月末日にA社から、その保有する全部の株式を譲り受け、当社がB社の完全親会社になる予定です。 そのB社の資本金は3000万円であり、7月末日を効力発生...

株式譲渡と利益相反に関する承認決議について

企業法務 2020年05月14日

当社が97%、甲社が3%の株式を保有する会社があります(以下A社)。なお、取締役会は設置しておりません。 そのA社の役員は、当社に属する者の中から3名、甲社における代表取締役の方(以下B)の4名という構成になっています。 このたび、甲...

【下請取引】消費税の端数切捨て処理(請求書で端数が繰り上げられている場合)が下請代金の減額に該当するか?

企業法務 2020年05月12日

下請取引で、下請事業者が消費税の端数を四捨五入により繰り上げて請求書を発行した場合に、親事業者が消費税の端数を切捨てて支払う行為は、下請法上の「下請代金の額を減ずる行為」とみなされるでしょうか。 消費税の端数処理について、「支払時点に...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する