友人の入社に対する保証人

User image 1 しんぼさん 2017年01月31日 01時32分

 お尋ねします。
 友人より入社時の保証人を頼まれ、引き受けると返事しました。
内容を見て躊躇してます。下記の内容です。

 今般、上記の者が貴社に採用されたことについて、私は身元保証人を承諾いたします。勤務に当たっては、貴社の諸規則を忠実に守ることを保証いたします。
本人が規則に違反し、故意又は重大な過失によって、貴社に損害を与えた場合、本人に責任を取らせるとともに、連帯してその損害額を負担することを確約し、その証として本書を提出いたします。

「故意または重大な過失によって、損害を与えた場合は、連帯して損害額を負担する」とあり怖くなり、友人といえども出来ないと躊躇いております。心配することなく引き受けても構わないでしょうか?

「故意または重大な過失によって」という具体例としは、主債務者が横領や詐欺等の犯罪行為を行なった場合が想定されます。

通常の仕事上のミスでは、そもそも信義則上会社は労働者に対する賠償請求権は一部に限定されるとされます。
ただし、重過失がある場合の責任について、一律に上記のような犯罪行為の場合に限定されるとまでは断言できません。その場合でも、身元保証人の責任については限定される可能性はありますが(身元保証法5条)。

また、こうした身元保証契約に関しては、身元保証法により5年以内に制限され(同法2条1項)、更新する場合は新たな契約が必要となります(同法2条)。
また、労働者に業務上不適任又は不誠実な事情があり、身元保証人への責任追及を行なう恐れがあるときは、会社から身元保証人への通知が必要とされます(同法3条1号)。
会社側が上記通知を怠った場合は、過失相殺による減額主張が可能ではないかと思います(同法5条)。

上記の危険性に関しては、友人との信頼関係にもよりますが、ご心配であればお断りして、友人のご親族等に依頼いただく等の方法も考えられますので、よく検討頂いた上で判断頂く必要があるでしょう。

2017年01月31日 11時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する