取引先への出張経費負担と、代償の値引き処理に対する違法性

User image 1 RINGOさん 2017年02月08日 02時55分

当社は、製造業。取引先は、当社製品を販売していただいている商社のひとつです。
ある商社経由での販売拡販目的、或いは、その商社が商圏をもっているユーザーへの同行訪問などに対する当社営業経費は、その利益を甘受する商社に負担させることに対する違法性を、教えてください。
また、その際に、その費用の負担分を、商社から当社への発注額より、減額することへの違法性も、合わせて教えてください。

・当社=営業経費が20万円。それを商社に請求。
・商社=通常の発注額が120万円。
よって、営業経費負担分を差し引き、100万への発注額に訂正する。

以上、お願いいたします。

経費負担をどうするかについては、基本的には契約により定まるものと思われます。
上記金額であれば、暴利行為として公序良俗違反とまでは言いにくいと思われます。

ただ、取引先が大手企業で、貴社が中小企業である等、その立場や地位に差がある場合には、取引先が貴社に不当な圧力をかけているとみる余地があります。
こうした場合、独占禁止法上、取引先から貴社への拘束条件付取引や(同法2条9項4号)、優越的地位の濫用(同項5号)に当たる可能性があります。

もし、上記のような関係にあるのであれば、公正取引員会に相談いただく等の方法が考えられます。

2017年02月08日 09時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

資本関係解消について

企業法務 2018年06月24日

数年前に出資していただきました。 自社200万資本金 出資額120万 35%株を買っていただきました。 営業サポートをしていただけるとのことでしたが、 特に必要もないので出資額を返還すれば資本関係は解消できるのでしょうか? 毎月サポー...

顧客情報の取り扱い、データの売買について

企業法務 2018年06月13日

3年前に勤めていた会社を退職しました。 現在は同業ではありますが個人で仕事をしております。 先日、家の片付けをしていたところ3年前に勤めていた会社で使っていた私物のUSBが出てきたんですが、その中に顧客情報がありました。 当時は会社を...

社宅賃料の給料明細計上、決算書について

企業法務 2018年06月05日

よろしくお願いいたします。 社宅についてなのですが、給料明細の計上が一度もなく、家賃として払っている金額と決算書の金額が違います。 給料明細への計上がないのは何か理由があるのでしょうか? また、決算書との違いは書面上だけのこととの説明...

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ