親会社による子会社の解散について

User image 1 hudsさん 2017年04月12日 03時31分

私はある親会社の子会社を任されて事業を進めてきました。
子会社の代表取締役だとしても今まで親会社の指示を誠実に受けて、その通りに会社を運営致しました。

まだ会社に資金もあり、事業も成長していますが親会社は子会社の清算を考えているそうです。
親会社は結構大きな会社で色々な事業を展開しています。
親会社の主力事業では無いことで簡単に会社を潰して会社を清算した場合、
私を含む全社員はクビになるかと思いますが何かの阻止もしくは保証や救済装置は御座いませんでしょうか?

まず、取締役については、残りの任期分の報酬請求は原則として可能です。

また、生産の合理的必要性がないのに清算するとなると、従業員の解雇を目的とした疑いがあるとして、従業員については解雇権濫用による無効を主張する余地はあります。

その他の方法としては、子会社に資金もあり、事業も成長見込みであるのに清算するとなると、親会社取締役について経営上の善管注意義務違反に当たる可能性があります。
そこで、会社の有力株主や主力金融機関、労働組合がある場合は労働組合に働きかけ、子会社の清算はかえって会社の経営上マイナスになる点を訴えて、親会社経営者に訴えかけて頂くよう協力して頂く、といった方法が考えられます。

2017年04月12日 10時22分
補足質問
User image 1

huds - 2017年04月12日 10時47分

大変ご親切はご返答、ありがとう御座いました。

もう一つお聞き出来ればと思い、ご質問させていただきます。
親会社のストックオプションを頂きており、後半年で実行可能になりますが
その前に会社を清算することになりますと私も職を失って、ストックオプションの権利も無くなるかと思っております。

何年も会社設立から頑張ってきましたがこのようになり、大変悔しい思いをしております。

自分で会社を辞めることになりますともらったストックオプションの権利も無くなると思いますが
今回の件のような会社都合で解雇になりますと、ストックオプション実行日を前倒して
ストックオプションの権利・実行を行うことは可能でしょうか?

大変お手数ですが何卒よろしくお願い申し上げます。
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 - 2017年04月12日 11時15分

ストックオプションについては、設定の際にその行使期間を定める必要があるとともに(会社法236条1項4号)、通常は取締役の報酬に該当するため条件変更にはその会社の株主総会決議(100%親会社の場合には親会社取締役会決議)が必要なため、原則として前倒しの権利・実行は困難ではないかと思います。
ただ、私の個人的見解ですが、そもそも子会社の清算が親会社取締役の善管注意義務違反・忠実義務違反に当たるような違法・不当な清算であるならば、本来の行使時期にストックオプションを実行した場合に得られた金額について親会社に損害賠償請求を行なう、という主張は考えられるのではないかと思います。
そこで、子会社の清算が避けられない場合、ストックオプションを行使した場合の相当額支払について親会社と協議し、協議がまとまらない場合には法的手続を行なう必要が生じるのではないかと思います。裁判になった場合に認められるか否かまでは断言できません。
お礼メッセージ

小川様

ご回答、大変有難う御座います。大変参考になりました。

大変ご親切にご回答いただき、誠にありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

契約書作成について。

企業法務 2018年02月04日

賃貸契約で倉庫を借りていましたが、オーナー様の税金未払いなどと、違法建築とのことで、市と県から退去命令が出ています。建物を壊すのに業者など手配が出来ていますが、オーナー様がお金ないとのことなので、こちらでなんとかしますが、覚え書きみた...

ビジネス保険の免責に関するトラブルです。

企業法務 2018年01月22日

私は飲食店を経営しており、店舗に関するトラブルに備えビジネス保険に加入しておりました。 ある時期に保険募集人をしている友人Aに保険を引き受けさせてくれと頼まれ、現在の保険内容をカバーする物であればと了承しました。 その後Aの同僚Bの成...

返品された製品を、商標を付したまま第三者に転売した場合、商標法に抵触しますか?

企業法務 2018年01月16日

当社はA社と製造委託契約を締結し、A社所有商標を付した製品の製造を受託。 受託製造した製品をA社に引き渡したところ、品質不良により製品が返品された。 当社が返品された製品をA社商標を付したまま第三者に転売した場合、商標法に抵触しますか...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

企業法務に強い弁護士

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

困っているあなたのモヤモヤを解消します!!

丁寧な説明を心がけています。

【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼...

【NHKあさイチ ゲスト出演】【電話相談可】企業法務・個人依頼者の実績が多数ある弁護士が、多種多様な案件に的確...

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

ページ
トップへ