会社株を会社に買い取って貰いたい

User image 1 メロンパンナさん 2017年04月19日 06時31分

私は父の会社に現在勤めております。一昨年末に亡くなり、会社株を私が全て相続しました。亡くなった事で昔から事務をしていた総務が実質代表権を握り現在やりくりをしているのですが、父の株を勝手に書類作成し偽造して自身に譲渡している様で(個人の実印も会社が保有)相続の際に30%しか相続になりませんでした。株主名簿などもきちんと管理されてなかった様で色々調べましたが詳細は迷宮入りするばかりでした。
父は亡くなる直前に55%株を持っている旨を教えてくれましたが、証拠が残ってない為偽造している証明が出来ません。
そうこう調べている内に総務から株の詳細が信じられないのかと目をつけられ悪質な社内苛めが始まりました。もう一年経ち、一向に納まる気配がない為会社を辞めようと思います。
一度会社に株を買い取って貰いたい旨を話しましたが、総務の買い取らないよの一声で終わりました。
会社の株を持ったまま辞めるしか手はないのでしょうか?

株式の性質にもよりますが、非上場会社で、会社に対する取得条項のない通常の株式の場合には、原則として株主において株式を買い取り可能な相手方を見つける必要があります。
また、非上場の中小企業では、通常は株式譲渡に取締役会又は株主総会決議の定めが必要である旨定款で定めている場合が多いので、会社の承認が必要となる可能性が高いです(会社法136条)。

株主から会社に対し譲渡承認請求を行ない、会社において承認しない場合に初めて、会社自身による買取又は買取人の指定を行なう義務が発生します(同法140条1項)。
ただ、会社による自己株式の買い取りは出資の払戻となるため、株主総会の特別決議が必要となります(同法309条2項1号、140条2項)。

一般論としては上記の通りとなりますが、他に何か主張できる事情がないか否かについては、お手持ちの資料をご準備頂いた上、弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

2017年04月19日 10時39分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する