会社株を会社に買い取って貰いたい

User image 1 メロンパンナさん 2017年04月19日 06時31分

私は父の会社に現在勤めております。一昨年末に亡くなり、会社株を私が全て相続しました。亡くなった事で昔から事務をしていた総務が実質代表権を握り現在やりくりをしているのですが、父の株を勝手に書類作成し偽造して自身に譲渡している様で(個人の実印も会社が保有)相続の際に30%しか相続になりませんでした。株主名簿などもきちんと管理されてなかった様で色々調べましたが詳細は迷宮入りするばかりでした。
父は亡くなる直前に55%株を持っている旨を教えてくれましたが、証拠が残ってない為偽造している証明が出来ません。
そうこう調べている内に総務から株の詳細が信じられないのかと目をつけられ悪質な社内苛めが始まりました。もう一年経ち、一向に納まる気配がない為会社を辞めようと思います。
一度会社に株を買い取って貰いたい旨を話しましたが、総務の買い取らないよの一声で終わりました。
会社の株を持ったまま辞めるしか手はないのでしょうか?

株式の性質にもよりますが、非上場会社で、会社に対する取得条項のない通常の株式の場合には、原則として株主において株式を買い取り可能な相手方を見つける必要があります。
また、非上場の中小企業では、通常は株式譲渡に取締役会又は株主総会決議の定めが必要である旨定款で定めている場合が多いので、会社の承認が必要となる可能性が高いです(会社法136条)。

株主から会社に対し譲渡承認請求を行ない、会社において承認しない場合に初めて、会社自身による買取又は買取人の指定を行なう義務が発生します(同法140条1項)。
ただ、会社による自己株式の買い取りは出資の払戻となるため、株主総会の特別決議が必要となります(同法309条2項1号、140条2項)。

一般論としては上記の通りとなりますが、他に何か主張できる事情がないか否かについては、お手持ちの資料をご準備頂いた上、弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

2017年04月19日 10時39分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

契約書作成について。

企業法務 2018年02月04日

賃貸契約で倉庫を借りていましたが、オーナー様の税金未払いなどと、違法建築とのことで、市と県から退去命令が出ています。建物を壊すのに業者など手配が出来ていますが、オーナー様がお金ないとのことなので、こちらでなんとかしますが、覚え書きみた...

ビジネス保険の免責に関するトラブルです。

企業法務 2018年01月22日

私は飲食店を経営しており、店舗に関するトラブルに備えビジネス保険に加入しておりました。 ある時期に保険募集人をしている友人Aに保険を引き受けさせてくれと頼まれ、現在の保険内容をカバーする物であればと了承しました。 その後Aの同僚Bの成...

返品された製品を、商標を付したまま第三者に転売した場合、商標法に抵触しますか?

企業法務 2018年01月16日

当社はA社と製造委託契約を締結し、A社所有商標を付した製品の製造を受託。 受託製造した製品をA社に引き渡したところ、品質不良により製品が返品された。 当社が返品された製品をA社商標を付したまま第三者に転売した場合、商標法に抵触しますか...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

企業法務に強い弁護士

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

複数弁護士で対応。豊富な対応件数と実績があります。

【NHKあさイチ ゲスト出演】【電話相談可】企業法務・個人依頼者の実績が多数ある弁護士が、多種多様な案件に的確...

困っているあなたのモヤモヤを解消します!!

企業マインドを第一に考え、企業及び経営者の皆様のニーズに迅速かつ的確にこたえるよう、専門性を磨き、「私どもに相...

ページ
トップへ