親会社による子会社の解散について②

User image 1 aZAQさん 2017年06月13日 09時47分

以前、こちらのページへ「親会社による子会社の解散について」というタイトルでご質問させていただきました。

その際に「取締役については、残りの任期分の報酬請求は原則として可能」というご説明をいただき、大変参考になりました。
その後、親会社から子会社の解散の支持が来ております。

まだまだ資金も業績も伸びている中、親会社はおそらく資金の回収が目的で解散を支持していると思われます。

「取締役については、残りの任期分の報酬請求は原則として可能」とお話を頂きましたが
子会社は解散する会社なので親会社に対して子会社の解散前に子会社からの報酬を請求するものでしょうか?
それとも解散手続きに入ってから債権を払う際に行われるものなのでしょうか?

どのタイミングでどの会社に報酬請求をするものなのか?お教え願えますでしょうか?

後、報酬請求は法律で守られているものでしょうか?
親会社が反対するものではと心配しております。

正当な法律で解散する会社から支払われるものだったら安心出来ますが
どのようにすれば宜しいか?良くわからないです。

ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

「残りの任期分の報酬は原則として可能」というのは、正当な理由なく取締役の解任がなされたという前提によります。

おそらく、子会社の解散に関する株主総会決議がなされると思いますが(会社法471条3号)、当該決議において子会社の清算人からも外され、以後無報酬となれば、不当な解任としての損害賠償請求の有無が問題となります。
①子会社の取締役としての報酬相当額の賠償請求権ですので、まずは、清算手続きに移行した子会社に対して請求することになります。②子会社の資力が乏しく支払いが見込めない場合には、不当な解任として親会社に対する損害賠償請求を検討する必要があります。

ただ、上記の通り正当な理由なき解任が前提となるところ、親会社も子会社解散(及び取締役解任)決議に当たり相応の理由を付けてくることが予想されますから、解散・解任理由に対する反論を検討する必要があります。

また、解散・解任決議がなされてからでは手遅れという事であれば、あらかじめ残任期報酬や退職金支給について親会社と交渉する必要があるかもしれません(特に退職金については、無支給とする総会決議が成立すると、請求は容易ではありません)。

2017年06月13日 10時08分
お礼メッセージ

小川様

ご返答及びご説明を頂きまして誠にありがとうございました。
大変参考になりました。

ありがとうございました!

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

資本関係解消について

企業法務 2018年06月24日

数年前に出資していただきました。 自社200万資本金 出資額120万 35%株を買っていただきました。 営業サポートをしていただけるとのことでしたが、 特に必要もないので出資額を返還すれば資本関係は解消できるのでしょうか? 毎月サポー...

顧客情報の取り扱い、データの売買について

企業法務 2018年06月13日

3年前に勤めていた会社を退職しました。 現在は同業ではありますが個人で仕事をしております。 先日、家の片付けをしていたところ3年前に勤めていた会社で使っていた私物のUSBが出てきたんですが、その中に顧客情報がありました。 当時は会社を...

社宅賃料の給料明細計上、決算書について

企業法務 2018年06月05日

よろしくお願いいたします。 社宅についてなのですが、給料明細の計上が一度もなく、家賃として払っている金額と決算書の金額が違います。 給料明細への計上がないのは何か理由があるのでしょうか? また、決算書との違いは書面上だけのこととの説明...

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ