出資比率100%親会社からの一方的な出資金引き上げ要求に対する解決策をお教えください。

User image 1 lu_22911e2aさん 2017年09月01日 18時51分

会社経営者の者です。
当社は親会社Aが100%出資する完全子会社B(当社)です。

2017年7月に登記した新しい法人ですが、出資を受けるにあたりAとの出資契約書を交わしております。

出資契約書の主旨は以下の通りです。
①資本金は全額Aが出資する。
②毎月末日に事業利益の40%をBからAに配当する。

これに対して顧問会計士による見解は以下の通りでした。
①配当の原資は期末決算の純利である。
②期中配当は期末決算内容のリスクとなりうる。
③本来得られた筈の期末決算での利益が、期中配当により損失を伴った場合社長が弁済する必要がある。

ここまでを時系列にしますと
①上記の出資契約書を署名捺印し契約締結。
②その後B(Aも同じ)の顧問会計士に確認した。
となります。

その後2017年8月のBの経営収支は微増という結果で、月末配当は無配当となる旨の内容と、
会計士の見解に対するAの判断を仰ぐメールを送ったところ、突然Aから出資金を全額引き揚げる旨の決定を言い渡されました。

Aの決定に至る理由として
①会計士の見解をBが受け取ってからAに判断を仰ぐまでに2週間が経過している。
②出資契約内容を不履行にした。(この時点でAは配当原資を売上と思っている事が判明しました)
③Bの法人登記後Aに連絡がない。
という内容でした。

Bの8月経営成績、及びAとBが関連する事業内容
①収支(純利)+20000。
②AとBとの関連事業は一切なし。

Aの言い分を確認した所、経営内容よりもBのAに対する尊敬の念が感じられないという感情的な内容しかありませんでした。
このようなAからの一方的とも言える決定でも立場上Bは従うべきものなのでしょうか?

教え下さい。
宜しくお願いします。

回答させて頂きます。
会社法上出資の払い戻しは原則として許されていません。
したがって,A社が払い戻しを受ける行為自体会社法に違反します。
A社としては資本を回収したい場合,第三者に譲渡するという方法をとるべきです。
従いまして,A社に従う必要はありません。

2017年09月01日 22時13分
補足質問
User image 1

lu_22911e2a - 2017年09月02日 00時40分

この度はご回答ありがとうございます。
重ねての質問をお許し下さい。
B社には経営上の落ち度もなく、当然ながら今後も事業活動を継続したいと考えています。
A社の言い分があまりにも感情に基づく内容でしたので非常に残念な思いでなりません。
それでもA社がB社を第三者に譲渡という方法を取られた場合の解決策はありますか?
また、それは現B社代表の解任を意味するもので認識はあってますでしょうか?

恐れ入りますがお教え下さい。
よろしくお願いします。
補足回答
Resized avatar mini magick20171016 13680 1rcit2v

西口 竜司 - 2017年09月02日 23時16分

仰るとおりあまりにも身勝手な話しですね。
株式を第三者に譲渡されてしまうと中々抵抗するのは難しいところではあります。
譲渡=解任を意味するものではありませんが,株主が解任をすればそうなってしまいます。
個人的にはA社から株式を譲り受けられるのがいいのかなと思いますが難しいでしょうか。
お礼メッセージ

西口様

A社からの今後の対応を待った上で改めてご相談させて頂きます。
ありがとうございます。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親会社の投資と子会社の費用負担

企業法務 2018年01月15日

この度、子会社が作業標準を守らなかったことで親会社に迷惑をかける事態を発生させてしまいました(直接の損害費用は無し)。 この件に対し、親会社の担当も含めて原因と対策を検討し、一応の納得を得た上で今後の発生対策(標準書の改定やダブルチェ...

好意で支援したお金を取り戻したい

企業法務 2018年01月12日

月々いくら支払うという定額の請負契約で使っていた下請けが、事故を起こして仕事ができなくなりました。 再起のために、契約が1年終わった後も同額の金を払い続けましたが色々あって縁を切りました。 私としては、再起のために支援してあげたつもり...

亡くなった父が会社を経営していました。負債額と担保の調べ方について教えてください。

企業法務 2018年01月12日

父が倒れ、現在まで入院をしています。 もう働く事が困難であるため、父が経営している会社を閉めることとなりました。 ちなみに、父は株式会社を一人で経営していました。 昨年の決算資料を見ると、負債額が1千万以上ありました。 これは会社の『...

リフォーム業者です。お客様と連絡が取れなくなりました。

企業法務 2017年12月26日

はじめまして、リフォーム業者のMです。 お客様が中古物件をご購入して、私どもにリフォーム依頼をしてきました。 230万の契約書を交わし、施工に入りました。 そして、内装が終了し、引渡し時に、気になる箇所がありますか?とつたえましたが、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

企業法務に強い弁護士

【初回相談無料】40年にわたり、120社以上の中小企業再建に取り組んできた法律事務所。事務所一丸となって企業の...

複数弁護士で対応。豊富な対応件数と実績があります。

企業マインドを第一に考え、企業及び経営者の皆様のニーズに迅速かつ的確にこたえるよう、専門性を磨き、「私どもに相...

【桜木町から徒歩5分】弁護士ランキング上位。口コミでのご依頼も多数。弁護士費用もわかりやすく、リーズナブルにご...

【NHKあさイチ ゲスト出演】【弁護士直通】【電話相談可】【夜間/土日対応可】企業法務・個人依頼者の実績が多数...

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

ページ
トップへ