個人情報保護法、防犯カメラの画像を第三者へ提供について

User image 1 L3bbAさん 2017年10月21日 14時49分

分譲マンションの管理組合の理事長をしています。区分所有者より防犯カメラ閲覧申請があました。内容は所有している部屋は賃貸の用に供していて占有者がいます。その占有者が退去する際のトラブルでした。運用細則に従い民事案件ではありますが所有財産侵害(汚破損)に関りがあるとの判断にて、該当日の関わりのある箇所のみ閲覧し必要最低限の画像を記録してもらいました。そして、区分所有者には本案件以外使用禁の、守秘義務、何かあった場合は自己責任の誓約書をもらいました。
画像には占有者本人。又、侵害(汚破損)関わる事もが映っていました。訴訟もしくはそこまではいかなくても区分所有者は占有者本人。或いは、本件に関わる第三者へ画像を提供していく事になると思います。個人情報保護法で確認したい事があります下記の質問にご回答宜しくお願い致します。

1.区分所有者が画像を占有者本人の同意なしで第三者へ提供すること事は、防犯カメラの運用細則の利用目的の範囲内であれば問題なし。更には、仮に利用目的の範囲外であっても個人保護法第16号(第3条)利用目的の制限の例外(2)「人の生命、身体又は財産保護のために必要があって本人の同意を得ることが困難であるとき」に該当し、本件の当事者の範囲内であれば問題なし。

2.上記には当てはまらず、占有者本人の同意なしでの第三者への提供は個人情報保護法違反、プライバシーを侵害にあたり管理組合が訴えられる可能性がある。

あなたがお調べになったように、個人情報
保護法第16条第3項第2号に該当すると
判断してよろしいものと思います。
したがって、あなたがお取りになった方法は
適正かつ適法で後日管理組合が訴えられる
ようなことはなく、仮に訴えられても勝ちますね。

2017年10月22日 10時39分
お礼メッセージ

内藤弁護士様
早急なるご回答ありがとうございます。
一筆もらってるとは言え何かあったら
先ず、管理組合に話が来るでしょうから
心配していました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相殺について

企業法務 2021年10月28日

当社を売主、A社を買主とする売買契約を締結し、当社は、売買代金の一部を前金としてA社から受領しています。 しかし、A社が売買対象物の引渡しを拒むため1年以上引渡すことができていない状態にあり、幾度と連絡してもはぐらかされてしまいます。...

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する