株式会社の配当に関するトラブルです。

User image 1 lu_e271739cさん 2017年12月05日 13時54分

20年以上も以前のことですが、親族の者が数人で資金を出し合い、株式会社を設立しました。
当時一番出資額が多かった出資者を社長にたてたそうです。
その後、親族の者は他界し、その妻が株主を引き継いでおりますが、現在まで配当は一度もなく、代わりに給料というかたちで、毎月数万円もらっていたそうです。
しかし、最近になって歳のせいもあり、社長を娘や息子に継がせると言い出しています。
すると、娘がいきなり配当は3%しか本当は渡せない、一年間で3万円だけ支払う、と言い出し、それから数ヶ月間全く給料という名の配当かわかりませんが、現金の受け取りが途絶えました。
また、設立以降、一度も株主総会を開いたことはなく、年度の決算書もおよそ一年遅れて持参する始末です。
その社長(と家族)はもちろん株主らの意見や要望にも全く聞く耳を持ちませんし、地主でもあるのですが、何十年も賃貸している店舗の補修なども全く行わず、お金だけ毟り取るような横暴なやり方なのです。
ちなみに、会社として一度も赤字だったことはないそうで、年間1000万円程は黒字だそうです。

もうこれ以上放っておけないので、最悪訴訟を起こすか悩んでいます。

この内容で訴訟になるような違反が存在するのか、
また、どこへ相談にいけばよいのか(会社法を得意とする弁護士さん?)、
どのような解決方法があるのか、教えて下さい。
よろしくお願いします。

注力分野
離婚・男女 犯罪・刑事事件 借金・債務整理 企業法務 消費者問題

会社法をメインで扱う弁護士でなくても、会社法の基礎的な理解があれば足りる問題だと思います。
配当は、基本的に株主の権利ですから、一定金額の金銭給付を受けることは可能です。
もっともこれは非公開会社であれば、基本的には株主総会決議が必要となります。
ご指摘の事情ですと、これらの手続を適法に得ていたとは到底考えられないでしょうから、対策が必要になると思います。

2017年12月15日 16時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する