中小企業で役員が経費を横領。物的証拠がなくても刑事告訴は可能でしょうか。

User image 1 lu_2fd574a9さん 2017年12月11日 16時59分

中小企業で管理職をしている者です。
役員A(取締役経理部長)が経費を横領し私的に費消している疑いが持ち上がりました。
帳簿の数字が合わず、また状況証拠(複数の社員の証言)があったことで、取り急ぎ手元の資料を集めて本人に話を聞いたところ、のらりくらりとしらばっくれ、領収証については「見当たらない」、何に使ったかと聞いても「多忙で覚えていない」などと嘯くので、ほぼクロだと思っております。
しかしながら、発覚するまで現金・通帳はAがほぼ一人で握っていたために、肝心の物的証拠が既に隠滅されいる恐れがあります。
さらに資料を集めて精査し容疑が固まりしだい取締役を解任して一般社員に降格ののち懲戒解雇とし、全額一括弁済の場合以外は示談には応じず刑事告訴という流れを想定しておりますが、もし物的証拠が見つからなかった場合は罰することはできないのでしょうか。
もし本人が私的費消を認めそれを録音した場合、物的証拠がなくても刑事告訴は可能でしょうか。
また、最悪証拠が見つからなかったとしても、
1.経理の責任者という立場で多額の使途不明金を出し会社に損害を与えたこと
2.資金を動かすにあたり上役の決裁を得ず勝手に社印を使用し会社の口座から引き出していること
などで横領ではなく背任での告訴も可能かとも考えているのですが、いかがなものでしょうか。
金額はざっと把握しただけでも数百万にはなるかと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

録音があれば、告訴は可能ですね。
あとは警察が捜査するでしょう。
お金の使い道が不明でも、多額の
使途不明金を出したことは、使途を
言わないだけのことであって、あなた
いうように背任でもっていけそうです
ね。
刑事のほうが弁償効率はいいかもし
れませんが、できれば返金させて終わ
せたいですね。

2017年12月11日 20時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

契約書作成について。

企業法務 2018年02月04日

賃貸契約で倉庫を借りていましたが、オーナー様の税金未払いなどと、違法建築とのことで、市と県から退去命令が出ています。建物を壊すのに業者など手配が出来ていますが、オーナー様がお金ないとのことなので、こちらでなんとかしますが、覚え書きみた...

ビジネス保険の免責に関するトラブルです。

企業法務 2018年01月22日

私は飲食店を経営しており、店舗に関するトラブルに備えビジネス保険に加入しておりました。 ある時期に保険募集人をしている友人Aに保険を引き受けさせてくれと頼まれ、現在の保険内容をカバーする物であればと了承しました。 その後Aの同僚Bの成...

返品された製品を、商標を付したまま第三者に転売した場合、商標法に抵触しますか?

企業法務 2018年01月16日

当社はA社と製造委託契約を締結し、A社所有商標を付した製品の製造を受託。 受託製造した製品をA社に引き渡したところ、品質不良により製品が返品された。 当社が返品された製品をA社商標を付したまま第三者に転売した場合、商標法に抵触しますか...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

企業法務に強い弁護士

【NHKあさイチ ゲスト出演】【電話相談可】企業法務・個人依頼者の実績が多数ある弁護士が、多種多様な案件に的確...

複数弁護士で対応。豊富な対応件数と実績があります。

【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼...

丁寧な説明を心がけています。

ベンチャー企業・中小企業の法務サポートを専門業務にし、IPO等のイグジットのほか企業が目指すビジョンの実現のた...

ページ
トップへ