親会社の投資と子会社の費用負担

User image 1 lu_e1088b7dさん 2018年01月15日 17時19分

この度、子会社が作業標準を守らなかったことで親会社に迷惑をかける事態を発生させてしまいました(直接の損害費用は無し)。
この件に対し、親会社の担当も含めて原因と対策を検討し、一応の納得を得た上で今後の発生対策(標準書の改定やダブルチェックなど)を実施し始めました。
ところが、その一方で親会社は人による対策では心配という理由で、ハード対策を検討し、導入した場合その費用を子会社に負担させる(委託費の値下げ)と通達してきました。
子会社としては、納得して貰った(筈の)対策を実施始めたところである事と、経営上も費用負担が厳しい事から断りたいと思っていますが、力関係で受け入れざるを得ないような状況です。
一般的にこのような事は許されるのでしょうか?
説明が足りないかも知れませんが、宜しくお願いいたします

そもそもの業務委託契約の内容と、親会社が100%株主か否かにもよります。

上記のような子会社の負担が相当か否か、当初の業務委託契約上、子会社の作業標準違反があった場合に業務委託料の改訂が可能とされており、かつ金額として相当な範囲内であれば、不当な減額とは言えない可能性があります。

相当性を逸脱する減額の場合、株主の権利行使に関する利益供与として、会社法120条1項・同条2項後段・970条に違反する恐れがあります。
もっとも、100%親会社の場合は、他に不利益を被る株主が見当たらないことから、会社法違反を問題とする意味はないでしょう(なお、会社法120条5項では、総株主の同意があれば、子会社取締役の責任を免除できるとしています)。

税務会計上の問題の有無については詳しくは分かりかねますので、税理士や会計士の方にご相談いただいた方がよいでしょう。

2018年01月15日 22時33分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

資本関係解消について

企業法務 2018年06月24日

数年前に出資していただきました。 自社200万資本金 出資額120万 35%株を買っていただきました。 営業サポートをしていただけるとのことでしたが、 特に必要もないので出資額を返還すれば資本関係は解消できるのでしょうか? 毎月サポー...

顧客情報の取り扱い、データの売買について

企業法務 2018年06月13日

3年前に勤めていた会社を退職しました。 現在は同業ではありますが個人で仕事をしております。 先日、家の片付けをしていたところ3年前に勤めていた会社で使っていた私物のUSBが出てきたんですが、その中に顧客情報がありました。 当時は会社を...

社宅賃料の給料明細計上、決算書について

企業法務 2018年06月05日

よろしくお願いいたします。 社宅についてなのですが、給料明細の計上が一度もなく、家賃として払っている金額と決算書の金額が違います。 給料明細への計上がないのは何か理由があるのでしょうか? また、決算書との違いは書面上だけのこととの説明...

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ