ビジネス保険の免責に関するトラブルです。

User image 1 lu_0b296ea9さん 2018年01月22日 16時44分

私は飲食店を経営しており、店舗に関するトラブルに備えビジネス保険に加入しておりました。

ある時期に保険募集人をしている友人Aに保険を引き受けさせてくれと頼まれ、現在の保険内容をカバーする物であればと了承しました。
その後Aの同僚Bの成績が芳しくない為にBに保険を譲ってやってほしいと言われ、これも了承。
その後3回の更新を行いました。

ところが先日、店舗に深夜泥棒が入り、店の入口や食券販売機が壊されました。
問題はこの食券販売機、保険の免責事項の対象となっており、保険が降りないと

当然、Bを呼び私の前保険の内容をカバーすると言うオーダーに反するのでは(更新の度にしつこく言ってます。)と言うと、約款を確認しなかった私の責任も言及しながらB側にも責任があったと発言し、私案ですがと言いながら個人的にBが3割程度Aが3割程度の補填ではどうかと提案がありました。
Bは保険代理店所属なので個人と言うのはおかしいと言うと、案件を会社に持ち帰るとなりました。(この日の会話はボイスレコーダーに取ってあります)
結果として補填は利益供与にあたりコンプライアンスに反すると言う事でこの件はなくなりました。

まず、私は重要事項の説明を受けた記憶がありません。
おそらく簡単には説明されたと思います。
しかし食券販売機の免責は説明されておらず、これを説明されていたらそもそも保険を元に戻していた

保険会社は事前に重要事項の紙はお渡ししているはずの一点張り
本人は責を一部認めていると話しても取り合わず

証言を取れる事としてAに対して、Bは食券販売機が免責事項である事を認識していなかった旨発言しています。

この様な内容でBまたはBの所属する代理店に対して損害賠償を請求できるか?
可能性が高そうなら本格的に弁護士さんに相談する予定です。
金額的に100万強損害で、勝訴してもメリットないと周囲から言われますが基本、多少の足が出ても戦えるなら訴訟を起こしたいと思っております。

Bが重要事項説明を怠っていたとして、説明義務違反による不法行為責任を追及できる可能性はあるでしょう。
また、Bが保険代理店に雇われていたのであれば、使用者責任を追及できる可能性はあるかもしれません。

ただ、保険会社ないし代理店が主張するように、保険契約に関する約款が交付されており、免責事項が記載されていて免責対象を確認可能であるならば、貴殿も相当程度過失有として、仮に請求可能だとしても一部に限定されると思われます。
具体的な割合につきましては、この場ではお答えできません。

以上の前提を基になお、相手方への賠償請求、場合によっては訴訟提起まで実施されるか否か、伸長にご検討頂いた方がよいでしょう。
成功報酬が期待できないケースですので、着手金を高めにご請求することになると思います。

2018年01月22日 22時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

利益相反取引について

企業法務 2021年07月30日

前提 ①Aという株式会社とBという株式会社があって、AはBの親会社だとします。 A=Bの親会社 B=Aの子会社 ②そのAの代表取締役のXがBの取締役を兼任しているとします。 X=Aの代表取締役 Bの取締役 ③BがCとの売買契約を締結す...

業務委託契約の損害賠償条項について

企業法務 2021年07月21日

Webデザイナーの個人事業主です。 現在、企業様と準委任の業務委託契約を締結の話が進んでおります。 契約書の以下の条項が入っています。 >(損害賠償) >乙は、本契約に違反し、甲に損害を与えた場合には、甲に現実に発生した直接かつ通常の...

代理権のおよぶ範囲はどこまでですか?

企業法務 2021年07月19日

代理権の範囲について、よろしくお願い致します。 家族が大家をしており、業者に管理を委託しています。 その管理契約書なのですが、代理について、次の記載があります。 「物件の賃貸借契約締結にあたり、管理会社が貸主代理人として、契約行為を行...

多数決で決議が可決したがこれに反対する人が出たら決議無効の主張って認められるんですか?

企業法務 2021年07月19日

詳しく教えて貰えると幸いです。税理士法に基づいて成立されたA税理士会が、B政治団体に金員を寄付するために、会員から特別会費を徴収するという総会決議を行ない、多数決でこの決議が可決しました。しかしこれに反対する一部の会員が決議無効を主張...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する