ビジネス保険の免責に関するトラブルです。

User image 1 lu_0b296ea9さん 2018年01月22日 16時44分

私は飲食店を経営しており、店舗に関するトラブルに備えビジネス保険に加入しておりました。

ある時期に保険募集人をしている友人Aに保険を引き受けさせてくれと頼まれ、現在の保険内容をカバーする物であればと了承しました。
その後Aの同僚Bの成績が芳しくない為にBに保険を譲ってやってほしいと言われ、これも了承。
その後3回の更新を行いました。

ところが先日、店舗に深夜泥棒が入り、店の入口や食券販売機が壊されました。
問題はこの食券販売機、保険の免責事項の対象となっており、保険が降りないと

当然、Bを呼び私の前保険の内容をカバーすると言うオーダーに反するのでは(更新の度にしつこく言ってます。)と言うと、約款を確認しなかった私の責任も言及しながらB側にも責任があったと発言し、私案ですがと言いながら個人的にBが3割程度Aが3割程度の補填ではどうかと提案がありました。
Bは保険代理店所属なので個人と言うのはおかしいと言うと、案件を会社に持ち帰るとなりました。(この日の会話はボイスレコーダーに取ってあります)
結果として補填は利益供与にあたりコンプライアンスに反すると言う事でこの件はなくなりました。

まず、私は重要事項の説明を受けた記憶がありません。
おそらく簡単には説明されたと思います。
しかし食券販売機の免責は説明されておらず、これを説明されていたらそもそも保険を元に戻していた

保険会社は事前に重要事項の紙はお渡ししているはずの一点張り
本人は責を一部認めていると話しても取り合わず

証言を取れる事としてAに対して、Bは食券販売機が免責事項である事を認識していなかった旨発言しています。

この様な内容でBまたはBの所属する代理店に対して損害賠償を請求できるか?
可能性が高そうなら本格的に弁護士さんに相談する予定です。
金額的に100万強損害で、勝訴してもメリットないと周囲から言われますが基本、多少の足が出ても戦えるなら訴訟を起こしたいと思っております。

Bが重要事項説明を怠っていたとして、説明義務違反による不法行為責任を追及できる可能性はあるでしょう。
また、Bが保険代理店に雇われていたのであれば、使用者責任を追及できる可能性はあるかもしれません。

ただ、保険会社ないし代理店が主張するように、保険契約に関する約款が交付されており、免責事項が記載されていて免責対象を確認可能であるならば、貴殿も相当程度過失有として、仮に請求可能だとしても一部に限定されると思われます。
具体的な割合につきましては、この場ではお答えできません。

以上の前提を基になお、相手方への賠償請求、場合によっては訴訟提起まで実施されるか否か、伸長にご検討頂いた方がよいでしょう。
成功報酬が期待できないケースですので、着手金を高めにご請求することになると思います。

2018年01月22日 22時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

資本関係解消について

企業法務 2018年06月24日

数年前に出資していただきました。 自社200万資本金 出資額120万 35%株を買っていただきました。 営業サポートをしていただけるとのことでしたが、 特に必要もないので出資額を返還すれば資本関係は解消できるのでしょうか? 毎月サポー...

顧客情報の取り扱い、データの売買について

企業法務 2018年06月13日

3年前に勤めていた会社を退職しました。 現在は同業ではありますが個人で仕事をしております。 先日、家の片付けをしていたところ3年前に勤めていた会社で使っていた私物のUSBが出てきたんですが、その中に顧客情報がありました。 当時は会社を...

社宅賃料の給料明細計上、決算書について

企業法務 2018年06月05日

よろしくお願いいたします。 社宅についてなのですが、給料明細の計上が一度もなく、家賃として払っている金額と決算書の金額が違います。 給料明細への計上がないのは何か理由があるのでしょうか? また、決算書との違いは書面上だけのこととの説明...

会社閉鎖について

企業法務 2018年02月15日

義理の父が経営している零細企業の会社は 業績悪くずっと義父自身の資産を会社へ回していたそうです。 そんな中 義父は病気で突然入院してしまい 社員は自分一人しかおらず、先を考えるととても不安です。 義父の病状は 悪くもう会社は閉めざるお...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ