加害者を自分で捕まえて弁償させる事はできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年02月17日 19時22分

 歩きタバコで服を焦がされた場合、もし加害者が逃げようとしたら、捕まえて弁償させることはできるのでしょうか。

 歩きタバコで服を焦がす行為が犯罪にならないとすれば、逮捕するわけにもいかず、加害者の逃げ得になってしまうのではないでしょうか。



(20代:男性)

匿名弁護士

     わが国では自力救済が禁じられています。明文で定められているわけではないのですが、正当防衛刑法36条)、緊急避難37条)をはじめ、自力救済を裏側から禁じていると解される規定が諸法律に散見されます。


     自力救済とは、国家・公権力の助力を待たずに私人が自力で損害を回復する行為をいいます。たとえば、財布を盗られた人が犯人の家に行って財布を取り返す行為です。



     それでは本件の場合にも、被害者は加害者に指一本触れることは許されず、まず警察に通報して事情を説明するべきなのでしょうか。



     そんなことをしている間に、加害者は何処かに立ち去ってしまうでしょう。見失ったら最後、名前も分からず探すこともできず、泣き寝入りをするしかない。そのような場合でも、「犯罪ではないから」と手を拱いているしかない、そんな不合理なことはありません。

     呼び止めて、追いかけて、「あなたのタバコで服が焦げました。弁償してください」といえるのは当然でしょう。逃げようとしたら捕まえるしかありません(ただし暴行を加えることは許されません)。



     歩きタバコによって服を焦がされたというのに、「この行為は刑法上の罪ではないのだから、単に弁償させるために捕まえることはできないのではないか」・・・そのような疑問を抱くことも、何でも法律問題として取沙汰される昨今、無理もない面があるのかもしれません。

     しかし、そのような感覚は、何より社会生活上の常識に沿わないように思われるのです。



     では、あえて法的に処理すると、どのようになるのでしょうか。

     歩きタバコを条例で禁止している自治体では、たとえ服を焦がさなくても、行為自体が違法の評価を受けます。現行犯逮捕は私人にも認められているので(刑事訴訟法214条)、条例違反を理由として、犯人を逮捕することができます。


     そのような条例がない自治体では、歩きタバコをする行為自体は違法の評価を受けないため、逮捕することはできません。しかし、服を焦がす行為は器物損壊罪刑法261条)にあたります。火傷を負ったら、傷害罪204条)または過失傷害罪209条)等に該当します。


     ただ、器物損壊罪には未遂処罰規定がないため、故意がない場合には罪になりません。したがって、故意で服を焦がしたのでない場合には、罰せられることはありません。

     では、故意か過失か分からなければ、逮捕することはできないのでしょうか。


     故意か過失かは、現場で容易に判断できることではありません。そのリスクを、被害を受けた者が負担しなければならないのは不当です。逮捕の時点では分からなくても、被疑者を逮捕することが認められます。

2016年02月17日 19時22分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

おじに対しての名誉棄損になるか?または逮捕されるか?

逮捕・勾留 2017年03月27日

おじとのトラブルです。家族中がおじともめているので、また、おじにもお金を20万円を貸していて腹が立ったので、おじの今所属している、あるスポーツの協会にメールでこの人はペテン師だと、多重債務をしているとか、これは事実なのですが、元理科の...

ご存知の方、質問です。

逮捕・勾留 2017年01月12日

現行犯で取調べ等をされる場合に、その場に妻等の 親族が一緒に居て、無実を証言した場合に、その妻等の 親族も証人として無実を証明できる人になれるのでしょうか? よろしくお願いします。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

逮捕・勾留に強い弁護士

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【初回相談無料】【お気軽にお電話ください】【元裁判官の経験をフルに活かし,最良のリーガルサービスをご提供】

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ