顔に残る傷の慰謝料請求は可能でしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月24日 20時34分

 娘が、うどんのスープがおでこにかかって火傷してしまいました。将来の事もあるし、跡が残る可能性もあるので慰謝料請求を考えています。妥当な金額などあるのでしょうか?



(30代:男性)

匿名弁護士

 火傷を負った経緯の詳細がわかりかねますが、誰か(法人や店舗などを含む)の行為によって受傷した場合は、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です(民法709条)。

 請求を可能にする要件としては「相手方の故意または過失」「権利侵害(今回は身体そのものへの侵害)」「損害の発生」「因果関係」が挙げられます。仮に、飲食店店員の不注意によって熱いスープがかかり、火傷を負った場合は、基本的にこれらの要件を満たすものと考えられます。

 したがって、火傷を負ったことに伴う通院治療費などの賠償請求は可能であろうと思います。



 今回のご相談内容におけるポイントは「跡が残った場合の慰謝料請求が可能か。そして妥当な金額はいくらか」という点です。

 跡が残る場合、「後遺障害」に分類されます。特に、人目に触れる部分に傷跡がのこる場合を「外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)」と言います。こうした場合、精神的な苦痛や普段の生活への悪影響が出ることが考えられるため、逸失利益(将来的に得られるだろう利益が侵害によって失われたという意味での損害)についての損害賠償が認められる場合があります。

 多くの場合、裁判所では自賠責保険における等級認定表を参考にしつつ、逸失利益の算定を行います。「外貌に著しい醜状を残すもの」「外貌に相当程度の醜状を残すもの」「外貌に醜状を残すもの」という3つの分類があり、それぞれに金額が定められています。(参考:自賠責保険の後遺障害等級についての資料)



 もっとも、いずれに分類されるかは傷跡の場所、大きさ、状態(痣か線状か陥没なのかなど)などを総合的に考慮して判断されるため、一概に「いくらが妥当」ということは言いづらいものがあります。

 ご相談内容からは「跡が残るかもしれない」というお話ですので、現状は明確な後遺症があるという判定ができない状況だと思われます。今後、症状が固定化された後に、通院治療費の請求等も含めて弁護士などの専門家にご相談されることをおすすめいたします。

2015年06月24日 20時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

軽微な暴行で350万円の慰謝料要求されて困惑です。

暴行・傷害 2018年01月09日

障害事件で訴訟されそうですが、たった2週間の診断書で350万円請求してきました、これわ妥当な金額ですか(ちょっともみ合いになったていどです、ただ相手は女で自分は男です)

夫の不倫で心も身体も弱っています。民事で訴えるのと並行して刑事で訴えることは可能でしょうか?

暴行・傷害 2017年12月12日

2年前に夫の不倫が発覚しました。 不倫に気付いた当時から私は外出することもままならなくなり、女性機能もおかしくなってしまいました。 発覚した時点では、夫と不倫相手(既婚者)は、別れて家庭に戻ると約束したのですが 結局は付き合いが継続し...

因縁をつけられました

暴行・傷害 2017年12月11日

飲食店で食事を終えて帰ろうと車に乗りこんだら入れ違いに入ってきた車の運転手に俺のとこ見とったやろと因縁つけられて見てないと否定したら怒鳴ってきたので頭にきて胸倉をつかんでしまいました。相手が警察を呼んで暴行罪で訴えてきて取調べを受けま...

暴行&傷害で警察で取り調べを受けています。

暴行・傷害 2017年11月22日

夜11過ぎに路上で私の自転車で走ってる所に横から来た自転車が接触しそうになる。 その後、接触しかけた相手が後ろを振り返ったまま何か言っているので追いかけて何か用かとゴタゴタ言った後、1回殴ってしまいました。 相手は警察を呼ぶと言い呼び...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

暴行・傷害に強い弁護士

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼...

【初回相談無料】元裁判官の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

ページ
トップへ