親と喧嘩!このまま倒れたらどうなるの!?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 些細なことでけんかになり、親が引っ張って殴って物を投げつけて親が出て行けと僕に言いました。今僕は中学3年生なのですが、もしこのまま貧血かなんかで倒れたらどうなるんですか??

(15歳未満:男性)

関連Q&A

暴力を罰するには どう行動すればイイのでしょうか?

暴行・傷害 2017年01月18日

一月前 中学生の息子が 友人と小学校のグランドの隅っこで おしゃべりをしていた所 少年野球の監督が来て いきなり首をつかみ プールサイドのフェンスに 何度も頭を 打ち付け 顎の下からも一回殴り 掴まれた首は絞め跡が残るほどで 息子が帰...

飲酒の未成年者が成人男性を骨折させた

暴行・傷害 2017年01月16日

先日、友人と2人でカラオケをしていました。 すると泥酔していた男性が(後ほど、未成年だと分かる) 俺達の部屋だ!と言いがかりをつけて 友人が違うと言っても伝わらずそのまま滅多打ちにされてしまいました 店側も営業ストップを恐れてか見て見...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     親には、子供が立派な社会の担い手として成長するよう、子供の「躾(しつけ)」をする責任があります。このことは法も予定するところであり、親の親権民法818条1項)、その親権の内容としての懲戒権同822条1項)が共に明文で規定されています。そこで、親が子供に対して一定の有形力を行使することは、一般的に許されています。

     しかし、親による有形力の行使であればどのようなものでも許されるというわけではありません。

     まず、躾とはまったく関係なく行われた有形力の行使は虐待行為となります(児童虐待2条)。また、法は懲戒権行使に「必要な範囲内で」という条件を付けています(民法822条1項)。そこで、この範囲を超えた懲戒権行使も、不法行為であり、虐待行為となります(児童虐待2条)。


     では、親による子への有形力行使が虐待であったか否かの判断はどのようになされるのでしょう?

     親には必要な範囲での懲戒権が認められることから、外傷などの客観的に明らかな証拠がなければ虐待として認定されにくいのが現状のようです(例えば、鳥取家裁審判平成17年5月20日では「全治約10日を要する顔面,背部,腹部の打撲,口唇裂傷の怪我」の存在が証拠とされています)。


     では、「倒れる」といった結果が虐待行為により発生したとされた場合はどうなるのでしょう?

     もちろん程度にもよりますが、常識外れな傷害を負った場合について考えてみると、まず、(1)加害者である親には民法上の不法行為責任が発生します(民法709条710条)。次に、(2)相談例にある「倒れた」という場合であれば、親に傷害罪が成立する可能性があります(刑法204条児童虐待14条)。

     以上の他にも、親は行政上の指導を受け(児童虐待11条児福47条1項)、子との面会を制限され(児童虐待12条12条の2)、親権を喪失させられることもあります(民法834条)。他方、虐待を受けた子は児童福祉施設等へ収容あるいは里親へ委託されます(児福27条33条28条)。

2014年01月07日

暴行・傷害に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ