親と喧嘩!このまま倒れたらどうなるの!?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 些細なことでけんかになり、親が引っ張って殴って物を投げつけて親が出て行けと僕に言いました。今僕は中学3年生なのですが、もしこのまま貧血かなんかで倒れたらどうなるんですか??

(15歳未満:男性)

関連Q&A

労災と示談について

暴行・傷害 2017年02月04日

去年の年末に、70代の叔父が万引きをしてガードマンに捕まりました。 それから、事務所に行きそこでパニックになってしまい事務用のホッチキスで1回殴ってそのガードマンの50代の女性の方に怪我をさせてしまいました。 そして、現在刑事裁判で「...

ホテルでスタッフが客から暴力を受けた。また泊りに来る。暴力はやめて下さいとはっきり言うべきか

暴行・傷害 2017年01月26日

私はビジネスホテルに勤務しています。 今回、ご相談させて頂くのは、私ではなく、 私の職場の部下(以下Aさんと表記させて頂きます) に起きてしまった出来事なのですが、ぜひ、アドバイスをお願い致します。 その日、Aさんは夜勤で入っていまし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     親には、子供が立派な社会の担い手として成長するよう、子供の「躾(しつけ)」をする責任があります。このことは法も予定するところであり、親の親権民法818条1項)、その親権の内容としての懲戒権同822条1項)が共に明文で規定されています。そこで、親が子供に対して一定の有形力を行使することは、一般的に許されています。

     しかし、親による有形力の行使であればどのようなものでも許されるというわけではありません。

     まず、躾とはまったく関係なく行われた有形力の行使は虐待行為となります(児童虐待2条)。また、法は懲戒権行使に「必要な範囲内で」という条件を付けています(民法822条1項)。そこで、この範囲を超えた懲戒権行使も、不法行為であり、虐待行為となります(児童虐待2条)。


     では、親による子への有形力行使が虐待であったか否かの判断はどのようになされるのでしょう?

     親には必要な範囲での懲戒権が認められることから、外傷などの客観的に明らかな証拠がなければ虐待として認定されにくいのが現状のようです(例えば、鳥取家裁審判平成17年5月20日では「全治約10日を要する顔面,背部,腹部の打撲,口唇裂傷の怪我」の存在が証拠とされています)。


     では、「倒れる」といった結果が虐待行為により発生したとされた場合はどうなるのでしょう?

     もちろん程度にもよりますが、常識外れな傷害を負った場合について考えてみると、まず、(1)加害者である親には民法上の不法行為責任が発生します(民法709条710条)。次に、(2)相談例にある「倒れた」という場合であれば、親に傷害罪が成立する可能性があります(刑法204条児童虐待14条)。

     以上の他にも、親は行政上の指導を受け(児童虐待11条児福47条1項)、子との面会を制限され(児童虐待12条12条の2)、親権を喪失させられることもあります(民法834条)。他方、虐待を受けた子は児童福祉施設等へ収容あるいは里親へ委託されます(児福27条33条28条)。

2014年01月07日

暴行・傷害に強い弁護士

まずは,お気軽にご相談ください。

気軽に、いつでもご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ