泥酔客を殴ってケガをさせてしまった

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月18日 03時08分

 風俗店で働いています。先日、泥酔のお客が女性を叩いたので、その客を外に出したら殴りかかってきて、その客を逆に殴り怪我をさせてしまいました。検事には、和解ですむならその方がいいと言うことだったのですが、相手から多額な請求をされて困っています。まだ罰金の方がいいのか悩んでいます。どうしたら良いのでしょうか。



(30代:男性)

匿名弁護士

 被害者との間で和解を成立させ、検察官に起訴されないようにしましょう。



 人を殴ってケガをさせた場合、「刑事事件」として傷害罪の罪に問われるとともに、「民事事件」として被害者から治療費や慰謝料などを請求されます。両者は基本的に別のものです。

 ご相談の場合、検事から「和解で済むならその方がいい」と言われたとのことですが、これは、「被害者との間で、治療費などの民事上の請求について和解が成立し、告訴が取り下げられれば、刑事事件としても起訴猶予処分となる可能性がある」という意味であると考えられます。

 傷害罪は親告罪ではないので、被害者の告訴がなくても加害者を起訴できます。しかし、被害が軽微なときは、被害者の告訴の取下げの有無が、起訴するかしないかの判断に大きな影響を及ぼすのです。

 起訴されて有罪判決が確定すると、あなたに傷害の前科がつきますが、被害者との間で和解が成立して起訴猶予となれば、前科はつきません。

 そのため、まずは被害者との間で和解を試みるべきでしょう。多額な請求をされているとのことなので、弁護士に相談して間に入ってもらうべきです。起訴されるかどうかがかかっているので、できるだけ早く行動しましょう。



 仮に、和解が成立せず、検察官に起訴されてしまったとしても、初犯で被害者のケガも軽微であれば、罰金刑である可能性が高いです(法定刑は15年以下の懲役又は50万円以下の罰金、刑法204条)。

 しかし、刑事事件と民事事件は別のものなので、被害者は、あなたが刑事事件で有罪判決を受けたか否かに関わらず、民事事件として損害賠償を請求できます。

 ただ、言いがかりのような理由のない損害を賠償する必要はありませんし、ましてご相談の場合は「相手が殴りかかってき」たため、自分の身を守るために相手を殴ったようですから、過失相殺による減額を主張できるでしょう。

2015年04月18日 03時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

軽微な暴行で350万円の慰謝料要求されて困惑です。

暴行・傷害 2018年01月09日

障害事件で訴訟されそうですが、たった2週間の診断書で350万円請求してきました、これわ妥当な金額ですか(ちょっともみ合いになったていどです、ただ相手は女で自分は男です)

夫の不倫で心も身体も弱っています。民事で訴えるのと並行して刑事で訴えることは可能でしょうか?

暴行・傷害 2017年12月12日

2年前に夫の不倫が発覚しました。 不倫に気付いた当時から私は外出することもままならなくなり、女性機能もおかしくなってしまいました。 発覚した時点では、夫と不倫相手(既婚者)は、別れて家庭に戻ると約束したのですが 結局は付き合いが継続し...

因縁をつけられました

暴行・傷害 2017年12月11日

飲食店で食事を終えて帰ろうと車に乗りこんだら入れ違いに入ってきた車の運転手に俺のとこ見とったやろと因縁つけられて見てないと否定したら怒鳴ってきたので頭にきて胸倉をつかんでしまいました。相手が警察を呼んで暴行罪で訴えてきて取調べを受けま...

暴行&傷害で警察で取り調べを受けています。

暴行・傷害 2017年11月22日

夜11過ぎに路上で私の自転車で走ってる所に横から来た自転車が接触しそうになる。 その後、接触しかけた相手が後ろを振り返ったまま何か言っているので追いかけて何か用かとゴタゴタ言った後、1回殴ってしまいました。 相手は警察を呼ぶと言い呼び...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

暴行・傷害に強い弁護士

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

ページ
トップへ