法律コラム

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審)

Section banner criminal

犯罪・刑事事件

死刑制度は廃止すべき?-日本人の意識と死刑廃止肯定派・否定派それぞれの意見- 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月21日

凶悪な犯罪が起こるたびに死刑は必要だと感じるものの、死刑が執行されたというニュースを耳にするたびになんだか複雑な気分になってしまう人も多いのではないでしょうか。 死刑制度について、日本人の意識や死刑廃止肯定派・否定派それぞれの論拠について調べてみました。 日本の死刑制度ってどんなもの? 日本の死刑制度については現状殺人罪(刑法199条)、強盗致死罪(同...

死刑制度は廃止すべき?-日本人の意識と死刑廃止肯定派・否定派それぞれの意見-
会社のお金に手を付けたらどうなる?-横領、窃盗、背任、それぞれの違いと刑の重さ- 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月12日

目次 横領罪 窃盗罪 背任罪 まとめ お金を扱う業務に当たっている場合、「目の前にある大金が自分のものになったら…」と思うことがあるかもしれません。実際、ニュースなどでもよく会社のお金に手をつけて逮捕されたということも耳にしますよね。 会社のお金を自分のものにしてしまったら、どんな罪になるのでしょうか。解説していきます。 弁護士に電話で相談・問合せ(無...

会社のお金に手を付けたらどうなる?-横領、窃盗、背任、それぞれの違いと刑の重さ-
危険運転致死傷罪とは ―自動車を運転するときに絶対避けるべき3つのタブー行為― 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月05日

危険運転致死傷罪が規定された経緯 危険運転致死傷罪は、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」に規定されています。 自動車の運転によって人を死傷させた場合、たとえ悪質な運転行為が原因となっていても、以前は業務上過失致死傷罪(刑法211条)にしか問うことができませんでした。その場合、5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金...

危険運転致死傷罪とは ―自動車を運転するときに絶対避けるべき3つのタブー行為―
被害届を出したのに警察が動いてくれない!ー被害届と告訴の違いー 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年03月27日

窃盗の被害にあったAさんは、最寄りの警察署に被害届を提出しました。それからかなりの日数が経過したのですが、警察からは何の報告もありません。 警察はちゃんと捜査をしてくれているのか心配になったAさんが警察に連絡をとると、「他の事件もあって順番にやっている。もう少し待ってください」との返答しかもらえませんでした。 被害届を提出しているのに、警察は捜査をしな...

被害届を出したのに警察が動いてくれない!ー被害届と告訴の違いー
犯罪被害者は何ができる?泣き寝入りしないための基礎知識 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年03月17日

大きな刑事事件や裁判がニュースで取り上げられた際、加害者については大きくクローズアップされます。 しかし、加害者がいれば大抵は被害者がいます。犯罪被害者は、裁判を通じた加害者に対する処罰に対して、どのように関わる事ができるのでしょうか? また被害の回復に向けてどのような制度があるのでしょうか? こうした点について知っているという方は少ないのではないかと...

犯罪被害者は何ができる?泣き寝入りしないための基礎知識
居酒屋やキャバクラの客引き行為は犯罪? 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年03月09日

繁華街を歩いていると、「一杯どうですか?」「飲み屋を探していませんか?」と声をかけられたりする人は多いはず。あるいは、繁華街にこだまする「違法な客引き行為にあわれた場合は、交番まで」という放送を耳にした人もいるのではないでしょうか? 違法な客引き、という言葉から「客引き行為は違法で、やり方によっては何かの犯罪になるのではないか?」と考える人もいるでしょ...

居酒屋やキャバクラの客引き行為は犯罪?
ゲームにおけるチート行為、法的に何が問題? 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年01月26日

目次 チートとは? 著作権の侵害による損害賠償責任 電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法234条の2) 弁護士に電話で相談・問合せ(無料)も可能です 弁護士を探す(無料) チートとは? 強いキャラクターやアイテムを使って、ゲームを有利に進めたいという気持ちは誰しも同じです。そして、できればラクしてキャラクターを強くしたい…という思いから、ゲームのデータやプ...

ゲームにおけるチート行為、法的に何が問題?
刑事裁判における供述の信用性はどのように判断される? 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年01月11日

はじめに 痴漢事件、強姦事件で無罪判決が出るなどしたことから、刑事裁判において供述の信用性が、特に被害者の供述がどのように認定されてきたのか、どのように信用性が検討されなければならないのかがクローズアップされています。 刑事裁判において供述が問題となるのは、被害者の供述、被疑者・被告人の供述、共犯者の供述で、純粋な第三者である例えば目撃者の供述はさして...

刑事裁判における供述の信用性はどのように判断される?
特別弁護人とは? 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2016年09月02日

Q 刑事訴訟法31条2項は、弁護士資格を有しない者を特別弁護人とすることができると定めています。 あるパソコンがらみの事件で、Aは簡易裁判所で裁判を受け弁護人がいません。Bは地方裁判所で裁判を受け弁護人がいません。Cは高等裁判所に控訴して裁判を受けていて弁護人がいます。 この場合、IT専門家を特別弁護人に選任することはできるでしょうか? A、B及びCは...

特別弁護人とは?
同行室・仮監とは何なの? 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2016年08月24日

Q 裁判所内には、身柄を拘束されている被告人が裁判に出頭するために控えている部屋として、同行室と仮監があります。被告人Aは○警察署で勾留されており、被告人Bは拘置所で勾留されています。 AとBが連れていかれる部屋はどこでしょうか? Aは同行室、Bは仮監 AもBも仮監 AもBも同行室 A 正解(1)Aは同行室、Bは仮監 身体を拘束されている被告人が裁判所...

同行室・仮監とは何なの?
ページ
トップへ