投資金の個人間サイトでのやり取りで刑事告訴されそうです。

User image 1 タプラさん 2020年02月20日 18時46分

私は数ヶ月、投資ファンドにお金を預けているのですが、融資をして配当金を増やそうと個人間融資でお願いする掲示板に自分の投稿をしました。150万円貸してほしいと投稿をしましたしました。

すると、男性から名前と電話番号を教えろと言われ、素直に教えてしまい、電話で自分の職業、収入、投資先の窓口について尋ねられ、窓口は入金用アドレスがあるのですが、私はうまく説明できず、しどろもどろになっていると詐欺扱いされ、

刑事告訴をするぞ
任意同行させる
しかるべきところで話を聞いてもらおうか。(警察のことかと思います。)
拒否るとなんで拒否するんだ、やましいことがないなら堂々とできるだろ。

かなり強気な言葉でいわれ、任意同行させるぞ、いいのか?みたいなことを言われ、怖くて(はい)と答えてしまいました。(怖くてここら辺がよく覚えていません。)

言質を取りました、今のうちに親に連絡しとけよ、サツにしょっぴかれるかもしれないから覚悟しとけよ。

と言われて終話しました。
金銭の受け取りは一切していません。私は逮捕されるのでしょうか。犯罪者になるのでしょうか。知らないうちに私は犯罪を犯してしまったのでしょうか。どうかご教示ください。毎日怖くて怖くて死にそうです。

掲示板への書き込み内容にもよりますが、単なるお金の借り入れにとどまらず、投資ファンドへの融資により配当金を増やすことを前提として不特定多数に対して資金の募集を行なった場合、①出資法違反として3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処し、または併科するとされるほか(出資法8条3項1号、1条)、②当該投資ファンドが金融商品取引法上の金融商品取引業に当たる場合は、きでんにつき無届での金融商品取引業として、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科するとされ(金融商品取引法197条の2第10号の4、29条、2条8項)、これらに該当する可能性がないとはいえません。
もっとも、本件では業として行っているといえるのか、あくまで個人的な借り入れを申し出ているにとどまるのではないかという点等が問題となると思われ、直ちに上記の罪が成立するとは限りません。

警察から事情聴取の可能性はありますが、おそらく、いきなり逮捕ではなく、まずは任意での事情聴取を行なうのではないでしょうか(100%ないとまでは言えませんが)。
また、相手方の具体的言動によっては、相手方に脅迫罪などが成立する可能性がないとはいえません。
もし警察から事情聴取を受けた場合には、あくまで個人的な借り入れを申し込む趣旨であった点を説明の上理解いただく必要があるでしょう。

2020年02月20日 23時53分
補足質問
User image 1

タプラ - 2020年02月21日 12時18分

小川様、ご回答いただきありがとうございます。

掲示板でも投資する旨を書いており、電話でも話してしまいました。おそらく事情聴取をされるか、すぐ逮捕されるかもしれません。

相手方も先物や株などに詳しい方らしく、法律関係のことにも詳しそうでした。
このようになると、状況は変わりますか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2020年02月21日 13時48分

上記の点は、不特定多数に対し無登録で投資の勧誘や募集する行為を処罰する趣旨であり、相手方の特性によって直ちに変わるわけではありません。
ただ、あくまで理論上問題となるというものであって、実際問題として、捜査機関としても掲示板等におけるすべての募集・勧誘行為を捜査する(捜査できるだけの人的・時間的余裕がある)とは限りません。
私見ですが、仮に捜査するとしても、まずは任意の事情聴取を行うなど、慎重に検討するのではないでしょうか。

お金を借りる話ですから、なんの事件にもなりません。
したがって、罪がないので、逮捕はありません。
だますつもりがないので、詐欺にもなりません。
融資詐欺が頻発してるので、相手も早合点したのでし
ょう。
詐欺師と思われたのでしょう。
相手の方が役者が上だったようですが、これ以上、な
にもないと思います。

2020年02月21日 10時31分
お礼メッセージ

内藤様、ご回答いただきありがとうございます。

もしそうだったら良いのですが、一応、最寄りの弁護士事務所に相談しようと思います。

ご回答いただきありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

法人解散後の刑事告訴について

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2021年05月18日

法人解散後、代表取締役の横領、背任行為が判明した場合、刑事告訴はできますか?

警察に提出した業務上横領の告発状と示談について教えてください

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2021年05月18日

A株式会社の代表取締役社長の横領事件が発覚しました。 私は役員・社員でもなくA株式会社の株主になります。 警察に告訴状を提出したのですが、被害者はA株式会社であり株主は直接の被害者ではないので、告発状にしてほしいと要望があり、告発状を...

購入者は、返済出来ないことを解っていながら、私を騙して車を購入しました。その上、返済もしないのですが、債権回収するには、どうしたら良いのでしょうか?

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2021年05月10日

お世話になりますが、よろしくお願い致します。 2019年10月、ネット上に車を売却すべく、出品しました。数日後、購入希望者が現車確認をして、その場で50万円にて売却が決まりましたが、契約する際、購入者は「毎月2万円、ボーナス時に10万...

国選弁護人の人数について

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2021年03月29日

現在、係属中の刑事裁判において、国選弁護人が二人付いている事案があります。 国選弁護人を複数人付すことが出来るのは、刑事訴訟法第37条の5で、「裁判官は、死刑又は無期の懲役若しくは禁錮に当たる事件について第三十七条の二第一項又は前条の...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する