被告人が重い刑を求めて控訴・上告はできるのでしょうか?

Legalus編集部さん 2014年09月17日

 傷害事件を起こし、8月の初旬に懲役2年、執行猶予4年との判決でした。検察側からの控訴はありませんでした。事件は殺人未遂でもいい位の大変酷いもので、被害者の方は内臓破裂で全治8週間、複数回の手術の為に、いまだに入退院をくりかえしているそうです。私は自由に動けると言うのに、相手にとっては納得がいかない話だと思います。第一回公判時には最後の被告人意見陳述で裁判所に、出来る限りきびしい処分、厳重処罰をお願いしましたが、上記の判決でした。私(被告人)が軽すぎるとして不服申し立てして、判決より重い刑を求められますか?



(40代:男性)

関連Q&A

仕事場での背任や詐取行為

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月15日

個人事業主をしています。仕事は個人の戸建ての雨樋補修や屋根補修等の便利屋です。 一昨年から一緒に仕事をしていた実質的に共同経営者の相方についてのトラブルです。 彼は昨年夏に来春から独立したい旨の申し出があり、私も了解しました。彼が会社...

いきなりの警察からの電話

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年03月04日

実の父から、長男が刑事告発されました。 やってもいないのに、家族に暴力をふるったということでした。 主人は、昔からこの子をかわいがらず、なにかとお説教を繰り返し、とうとう家から追い出しました。 でも近所に人には自分が追い出したとはいえ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     刑事訴訟においては、上訴審で、検察側が上訴をせずに、被告人側が上訴した場合、原判決より重い刑を言い渡すことができないとする「不利益変更の禁止」という原則があります(刑事訴訟法402条414条参照)。

     この不利益変更の禁止は、被告人が上訴で刑が重くなることをおそれてしまい、積極的に控訴や上告が行えなくなってしまうことに配慮し、被告人の利益を確保することを趣旨としています。

     したがって、基本的には被告人側から刑が軽すぎるとの理由で控訴や上告を行うことはできないものとされています。



     しかしながら、この不利益変更の禁止は、「あくまで同一の事実関係に基づいた場合、その事実関係に基づいて原判決より重い刑を言い渡すことはならない」という趣旨です。そのため、原判決では明らかになっていなかった新たな事実がわかり、その事実を考慮してみると刑が重くなるなどした場合は、「同一の事実関係に基づいていない」ので、不利益な変更をしてもよい、となりえます。



     もっとも、この方法においても、被告人側から不利益な事実を改めて摘示し、上訴をするというのは現実的ではないと思われます。

     むしろ、事件のことを真摯に反省し、更生していくことこそが今なすべきことなのではないかと思われます。

2014年09月17日

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審)に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ