被告人が重い刑を求めて控訴・上告はできるのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年09月17日 20時02分

 傷害事件を起こし、8月の初旬に懲役2年、執行猶予4年との判決でした。検察側からの控訴はありませんでした。事件は殺人未遂でもいい位の大変酷いもので、被害者の方は内臓破裂で全治8週間、複数回の手術の為に、いまだに入退院をくりかえしているそうです。私は自由に動けると言うのに、相手にとっては納得がいかない話だと思います。第一回公判時には最後の被告人意見陳述で裁判所に、出来る限りきびしい処分、厳重処罰をお願いしましたが、上記の判決でした。私(被告人)が軽すぎるとして不服申し立てして、判決より重い刑を求められますか?



(40代:男性)

匿名弁護士

 刑事訴訟においては、上訴審で、検察側が上訴をせずに、被告人側が上訴した場合、原判決より重い刑を言い渡すことができないとする「不利益変更の禁止」という原則があります(刑事訴訟法402条414条参照)。

 この不利益変更の禁止は、被告人が上訴で刑が重くなることをおそれてしまい、積極的に控訴や上告が行えなくなってしまうことに配慮し、被告人の利益を確保することを趣旨としています。

 したがって、基本的には被告人側から刑が軽すぎるとの理由で控訴や上告を行うことはできないものとされています。



 しかしながら、この不利益変更の禁止は、「あくまで同一の事実関係に基づいた場合、その事実関係に基づいて原判決より重い刑を言い渡すことはならない」という趣旨です。そのため、原判決では明らかになっていなかった新たな事実がわかり、その事実を考慮してみると刑が重くなるなどした場合は、「同一の事実関係に基づいていない」ので、不利益な変更をしてもよい、となりえます。



 もっとも、この方法においても、被告人側から不利益な事実を改めて摘示し、上訴をするというのは現実的ではないと思われます。

 むしろ、事件のことを真摯に反省し、更生していくことこそが今なすべきことなのではないかと思われます。

2014年09月17日 20時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

送検の取り消しは手続上ありうるのでしょうか?

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2018年01月16日

夫が盗撮で逮捕された事実が勤務先の会社に知られてしまいました。 夫は起訴されたことが会社にばれると解雇は間違いないと言って、会社には「逮捕され否認したが、送検され、検事の取り調べで、証拠不十分で不起訴になった」ことを詳しく説明していま...

友人が不法侵入及び窃盗罪で被疑者となっております。

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年11月30日

現在、『不法侵入及び窃盗罪』で私の友人(ここではAとさせてもらいます)が被疑者となっております。 初犯で、彼は成人しております。 また、前科・前歴ともにございません。 以前Aが同棲していた彼女(彼女をBとさせてもらいます)名義のアパー...

詐欺罪で刑事告訴するには?

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年11月09日

詐欺罪で告訴を受理してもらう方法と告訴状と時効について教えてください。 債務者に貸し始めたのは平成24年から28年で、総額は約850万です。 平成28年に返済方法とその期日を明記した借用書を交わしましたが、 返金は全くされず、後日債務...

最後の判決審判で、仮に実刑の懲役○年と言われたら、その場で即、収監されるのですか?

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年09月13日

最後の判決審判で、仮に実刑の懲役○年と言われたら、その場で即、収監されるのですか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審)に強い弁護士

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

ページ
トップへ