個人で裁判を視野にいれた証拠集めはできる?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年12月19日

 最近、自分の所有する車に、イタズラされました。

 心当たりのある人物は、いるのですが、名前も住所も知りません。

 そこで、警察に被害届を出そうと思ったのですが、多分、納得のいく結果は出ないと思われます。

 そこで、裁判を視野にいれた証拠集め等を行いたいのですが、個人がこのような特定の人物に対する証拠の収集をする行為は、違法なのでしょうか?


(年齢不詳:性別不明)

関連Q&A

仕事場での背任や詐取行為

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月15日

個人事業主をしています。仕事は個人の戸建ての雨樋補修や屋根補修等の便利屋です。 一昨年から一緒に仕事をしていた実質的に共同経営者の相方についてのトラブルです。 彼は昨年夏に来春から独立したい旨の申し出があり、私も了解しました。彼が会社...

いきなりの警察からの電話

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年03月04日

実の父から、長男が刑事告発されました。 やってもいないのに、家族に暴力をふるったということでした。 主人は、昔からこの子をかわいがらず、なにかとお説教を繰り返し、とうとう家から追い出しました。 でも近所に人には自分が追い出したとはいえ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     個人(私人)であっても、損害賠償請求などの民事裁判を視野にいれた証拠集めをすること自体は適法です。問題となるのは、その証拠集めの方法ですが、これは社会常識に従って判断するしかありません。具体的には、相手方のプライバシーなどへの配慮が必要となりますので、例えばあなたのマイカーのみを映し出す角度で防犯カメラを設置する、相手方と推測される人物を見かけたら尾行して住所等を調査する、探偵を雇うなどは許される範囲でしょう。ただ、これらにより相手方の家が判ったとして、相手方が留守の間に相手の日記等を調べるため勝手に家に入り込む事まですれば、それは刑法上の住居侵入罪を構成し、違法となるでしょう。


     そして、証拠集めの方法自体が違法かどうかと、その方法により集められた証拠が民事裁判で証拠能力(証拠として用いることができるか)を認められるかは別問題です。つまり、民事裁判では、相手方の人格権を侵害し反社会的な手段で収集した証拠でなければ、証拠の収集方法に問題があってもそれは問題となっている民事裁判とは別に損害賠償の問題にはなっても、問題となっている裁判における証拠能力を否定することにはならないからです。


     尚、もしあなたが考えていらっしゃる「裁判」が刑事裁判であれば、話は異なります。刑事裁判における証拠能力は厳格に定められており、手続き上問題のある方法により集められた証拠は、裁判において証拠能力を否定されますので、個人(私人)が直接証拠集めには関わらない方が無難です。

2014年12月19日

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審)に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ