無理心中の首謀者が死んでしまった場合、どうなる?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年11月02日

 先日、沖縄県で子供2人が水死した事件で、母親が殺人罪で逮捕されました。母親は心中を図ったが死にきれなかったようです。

 今回のように生き残った場合は殺人罪に問われるようですが、亡くなった場合にはどうなるのでしょうか。



(50代:男性)

関連Q&A

仕事場での背任や詐取行為

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月15日

個人事業主をしています。仕事は個人の戸建ての雨樋補修や屋根補修等の便利屋です。 一昨年から一緒に仕事をしていた実質的に共同経営者の相方についてのトラブルです。 彼は昨年夏に来春から独立したい旨の申し出があり、私も了解しました。彼が会社...

いきなりの警察からの電話

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年03月04日

実の父から、長男が刑事告発されました。 やってもいないのに、家族に暴力をふるったということでした。 主人は、昔からこの子をかわいがらず、なにかとお説教を繰り返し、とうとう家から追い出しました。 でも近所に人には自分が追い出したとはいえ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     子供二人が水死したという「事件」そのものは存在しています。

     つまり、子供二人は変死していますから、刑事訴訟法229条によって検視がなされ、その結果母親による殺人の疑いがあれば、捜査をしなければなりません。

    このことは、母親(被疑者)が生存しているか、死亡しているかに違いはありません。



     次に、警察が事件を捜査し、これが終結した場合には、刑事訴訟法246条によって、原則として事件を検察官に送致しなければなりません。このことも、被疑者の生存と死亡とで同じことです。

     送致には、書類送致(いわゆる書類送検)と書類と共に身柄拘束をされている被疑者の身柄も併せての身柄送致(いわゆる身柄送検)とがあります。



     被疑者が死亡している場合には、身柄送検はあり得ず、書類送検となります。

     書類送検を受けた検察官は、刑事訴訟法248条によって、事件を起訴とするか不起訴とするかの判断をしますが、被疑者が死亡している以上、裁判とすることはできませんから(刑事訴訟法339条1項4号参照)、不起訴処分となります。

     この場合、検察官は、被疑者死亡を理由として、不起訴裁定書を作成します。

2015年11月02日

刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審)に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは,お気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ