相手が占有離脱物横領罪だから、器物損壊ではないので、自転車の修理費は満額出さないと言ってきた、満額出してもらうのと慰謝料を貰うにはどうすればいいですか。

User image 1 gausさん 2018年11月26日 21時18分

先日、自分の自転車が盗難にあい、その後犯人が逮捕されたのですが、相手が未成年であること、自分が盗んだのではなく、落ちていたのを拾ったので占有離脱物横領罪で立件されそうであり、相手の母親と電話にて話をしていた所「私は器物損壊とは言われていない、従って修理費を全て出す気は無い」と言われてしまいました、自転車の状態は非常に悪く自転車屋さんいわく「これはもう乗れない」との事でしたパーツ交換諸々して行くと20万は超える金額になるのですが、この場合相手方に器物損壊罪、修理費全額の支払い、慰謝料の上乗せ(精神的なもの)等は出来ますでしょうか。又、示談金等の計算?算出?はどのようにすれば良いのでしょうか?
この他にも打てる手はあるのでしょうか…自転車が無くなり学校に行くのが辛くなってしまい物凄く迷惑しています、学校のカウンセリングを受けるほど体調を崩してしまいました…

相手が自転車を破損させていたなら、適正な修理費を
請求することはできますね。
自転車を使用できなかったことにより生じた交通費など
の損害もあるでしょう。
警察にも破損状況を説明した方がいいでしょう。
故意に破損させたなら損壊罪の可能性もあるでしょう。
慰謝料は、物的損害に関してはできないですね。
主観的な損害については、相当因果関係の問題です
が、認められないように思いますね。

2018年11月27日 10時06分

1 まず,できないことから申し上げます。器物損壊罪に問えるかどうかは,刑事処分に関する事柄で捜査機関の判断によるために無理ですね。
可能なことは,民事賠償としてどのような理由でいくらくらいかと言うことにつきます。
その上で,物的損害に対する慰謝料は,いくら愛着があり精神的苦痛があっても認められません。
2 可能なことは,自転車の物的な損害です。相手の母親がなんと言おうと,少年が取った後に修理が必要な状況となっているのですから,損害賠償はできます。
3 問題はその範囲です。慰謝料は先に述べましたが,修理費用が20万円を超えると言うこと,既に現状として機能的に使えないと言うことから全損と言うことになります。
すると,自転車の現時点での残存価格の範囲での賠償となります。購入した際の金額と購入してからの経過年数で言えば,おそらく修理費用よりも低くなりそうですね。
最大限その金額となります。
4 後は,交渉次第ですが,未成年といっても通常は親の責任まで問うことは難しいと考えられていますので,少年本人の収入次第となります。
お気持ちは分かりますが,相手の母親としては全く支払いをしないとまで入っていないようなので,具体的な支払金額と支払い方法を尋ねて,解決を図ると言うことになります。
5 あくまでも私の経験と知識に基づくものです。参考にしてください。  

2018年11月28日 13時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社のお金を取ってしまいました。謝罪はしに行ったのですが通報済みです。どうしたらいいですか?

横領 2019年07月18日

初めて投稿させていただきます。 私はフリーターでとあるコンビニで仕事をしています。 出来心で1万円を取ってしまい、言おうと思いつつも体調を崩し昨日まで仕事を休んでいました。(取ってから3週間はたってます。) 本日仕事に行く時、「とって...

業務上横領をしてしまったのですが、逮捕されるまでについて教えてください

横領 2019年07月12日

不動産会社に勤めていたのですが、お客様の手付金を使いこんでしまいました。会社に話をし変わりに立て替えてもらいました。金額は130万円です。 今は退職し、違うところに勤めています。月々で返済していたのですが、今月はどうにも払えずまた報告...

これ以上は無理でしょうか?

横領 2019年07月05日

約1年前に町内会費横領者を刑事告訴していますが、 人目が恐いと通院しているとの主張で 警察も時間を要していて未だに普通に暮らしています。 何度か交渉していますが、相手は(横領金で?) 弁護士に相談していて、定職についていないので 家族...

横領罪の相当刑が知りたい

横領 2019年06月26日

初めまして。貸し出した商品を質入れしていたお客様を警察に突き出しました。 その方は他にも10社ほど同様のことを繰り返していたらしく、被害総額は全部で約300万円になるそうです。 被害届が他にも出ているか詳細は分かりませんが、仮に起訴さ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ