落ちてた財布をネコババしたら窃盗罪になる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年08月05日 03時14分

 お店の入口に財布が落ちているのを見かけ、思わず拾ってしまいました。落とし主が財布のないことに気付き、私に「財布知りませんか?」と聞いてきましたが、「知りません」と答えてしまいました。防犯カメラが付いていたので、私が持ち去ったとわかると思います。私はどうなりますか?



(30代:男性)

匿名弁護士

 相談者のした行為は遺失物横領罪刑法254条)ではなく窃盗罪同235条)にあたる可能性があります。遺失物横領罪は1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料に処せられる罪ですが、窃盗罪は10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる罪です。

財布の落とし主がわかるのであれば、いますぐ財布を返却し、慰謝料などの被害を弁償されることをお勧めします。また、弁護士に相談のうえ、警察署に自首されてはいかがでしょうか。そうすることによって、裁判において執行猶予が付される可能性が高くなります。また、場合によっては起訴猶予(刑事訴訟法248条)となる可能性もあります。



 遺失物横領罪と窃盗罪の違いは、占有者(持ち主)の意思に反してその占有を奪うか否かです。意に反する占有奪取であれば窃盗罪となります。ここでの占有とは物に対する事実上の支配のことを指します。そして、物と離れた時間が短時間で物に対し現実的支配を及ぼしうる場所的範囲内にあるときには、占有を認めることができます。



 例えば、被害者がバスを待つ行列の移動中に置き忘れたカメラを約5分後に20メートル離れたところで気付いた場合には、被害者のカメラに対する事実上の支配を認めて、窃盗罪が成立するとした例があります(最高裁昭和32年11月8日判決)。

他方、大規模なスーパーマーケットの6階ベンチに財布を置き忘れたまま地下1階に移動し、約10分後に置き忘れたことに気が付き戻った場合には、占有が否定されています(東京高判平成3年4月1日)。



 今回も相談者が財布を手に入れた時点で、財布の持ち主が一旦店を離れてほどなくして店に戻ったという事情がある場合、落とし主の占有が肯定され相談者に窃盗罪が成立します。

他方、財布の持ち主が財布を落としてから時間的・場所的に離れた後に店に戻ってきた場合には占有が否定され、窃盗罪は成立しないでしょう。ただし、この場合でも遺失物横領罪は成立します。

2014年08月05日 03時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

駐車場での拾い物。届け出を忘れて窃盗や横領になりますか?

横領 2018年01月04日

自宅マンション内の駐車場で誰かの忘れ物で新品の加湿器が置いてあるのを見つけました。 出発するところだったのでマンションに戻って管理人に届けるのは面倒と思い、通り道にある交番に届けようとトランクに積み出発しました。 しかしその後仕事の電...

重要証拠品だからと言って、通帳を返してくれません。早急に返還してもらえる手段を教えてください。

横領 2017年10月25日

郵便局の定期預金通帳を紛失し、再発行した際、残高が600万少なく、結果、局員が詐取していたことが判明。その局員は逮捕され、指示した上司はは言い逃れし、この上司相手に詐取した金額の返還と慰謝料請求の裁判をおこし勝訴。この上司宛に裁判所か...

着服と弁済供託について

横領 2017年08月14日

着服を働き 会社へ弁済を申し出ましたが断られました。 ネット弁護士からは弁済供託をするように勧められました。 金額は八万円の着服で10万円の供託です。 示談、解雇回避に有効ですか?

娘の友人が質屋やリサイクル店へ高級バックを売ってしまいました。横領罪に問うことができるでしょうか

横領 2017年08月02日

先日、妻の所持品である高級バックや衣類が無くなっていることにきずきました。娘が時々勝手に持ち出すことがあるので、聞いたところ友人宅にもっていったあと、その友人宅で盗難があってなくなったしまったという返答でした。そこで警察に知らせ調べて...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

横領に強い弁護士

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ