盗まれたキャッシュカードに対する銀行の対応について

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 01時07分

 先日、車上荒らしに遭い、窓を割られ、車内に置いてあったバックを盗まれました。中にはキャッシュカードも入っていたので、すぐに某大手銀行に連絡し、カードストップの手続きをしましたが、緊急の場合にもかかわらず、本人確認や貯金の出入り確認でさんざん待たされ、その間に預金をほぼ全額を引き出されてしまいました。



 ストップの連絡をしたのが14時17分、現金が引き出されたのが14時20分です。
 その間、3分もあったのになぜすぐに止められなかったのでしょうか。責任は銀行側にあると考え、電話で連絡したところ、いろいろな部署をたらいまわしにされた挙句、銀行側には責任がないというのです。その対応の悪さにとても悔しい思いをさせられました。
 銀行に責任を追及する方法はないでしょうか。



(20代:女性)

匿名弁護士

 取引の社会通念上、真の債権者らしい外観を有するもののことを、「債権の準占有者」(民法478条)といいます。権限無く預金証書その他の債権証書、必要な印鑑を所持する者、正しい暗証番号を入力してキャッシュカードで払い戻しを請求する者はこれにあたります。

 債権の準占有者への弁済は本来は無効なはずですが、弁済者が善意無過失であれば弁済として有効とされます。その意味は、弁済者は責任を免れ、債務は消滅し、真の債権者は債権を失うということです。真の債権者は弁済を受領した者に、不当利得民法703条704条)、あるいは不法行為同709条)として返還・損害賠償を請求するしかありません。



 一日のうちに何千何万という払い戻し請求を処理する銀行では、払い戻し請求をする者が真の権利者かどうか、一人一人調べることはできませんし、銀行はしかるべき通帳、カードを所持する者には迅速に払い戻し請求に応える義務があるので、その観点からも準占有者と広く認められる傾向にあるといえます。

 逆に、債権を持っているという外観を有する者に、それにもかかわらず払い戻しをストップする行為は、慎重に行わざるを得ない面があるのです。銀行は本来払い戻す義務を負う以上、そのために万一真の権利者への払い戻しが滞るようなことになったら、それは銀行の責任となるからです。したがって、真の権利者からの通報であることを正しく確認した上でストップすることが銀行の義務ともなりますから、あなたが権利者本人であると確認しようとした銀行の行為は、それ自体は責められることではありません。3分間で真に権利者からの通報かどうか確認することが可能かどうかは、銀行実務の実際的な情況によりますが、社会通念上は、難しいかもしれません。



 銀行としてはそのような苦情や要望に応えるべく、相談所を設けています(全国銀行協会の「銀行よろず相談所」)。公平な立場で相談に乗れるように弁護士会仲裁センターへの取次ぎも行っているようですから、アクセスしてみてはどうでしょうか。最近同じような事例でトラブルが多いようですから、銀行の対応にも変化の兆しがあります。

2015年07月18日 01時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

駐車場での拾い物。届け出を忘れて窃盗や横領になりますか?

横領 2018年01月04日

自宅マンション内の駐車場で誰かの忘れ物で新品の加湿器が置いてあるのを見つけました。 出発するところだったのでマンションに戻って管理人に届けるのは面倒と思い、通り道にある交番に届けようとトランクに積み出発しました。 しかしその後仕事の電...

重要証拠品だからと言って、通帳を返してくれません。早急に返還してもらえる手段を教えてください。

横領 2017年10月25日

郵便局の定期預金通帳を紛失し、再発行した際、残高が600万少なく、結果、局員が詐取していたことが判明。その局員は逮捕され、指示した上司はは言い逃れし、この上司相手に詐取した金額の返還と慰謝料請求の裁判をおこし勝訴。この上司宛に裁判所か...

着服と弁済供託について

横領 2017年08月14日

着服を働き 会社へ弁済を申し出ましたが断られました。 ネット弁護士からは弁済供託をするように勧められました。 金額は八万円の着服で10万円の供託です。 示談、解雇回避に有効ですか?

娘の友人が質屋やリサイクル店へ高級バックを売ってしまいました。横領罪に問うことができるでしょうか

横領 2017年08月02日

先日、妻の所持品である高級バックや衣類が無くなっていることにきずきました。娘が時々勝手に持ち出すことがあるので、聞いたところ友人宅にもっていったあと、その友人宅で盗難があってなくなったしまったという返答でした。そこで警察に知らせ調べて...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

横領に強い弁護士

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談無料】元裁判官の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ