他人名義の定期券を使うと犯罪?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 02時32分

 先日、今勤めている会社が事務所移転ということで交通費の再申請を行おうとしたのですが、会社から、他人名義の定期券を使えといわれました。実質5日ぐらいなのでバレなければいいだろ?と。定期の裏には規約みたいのが書いてあって、そこには他人名義の人の定期券を使用すると追加金を頂きます、みたいな事が記載されていました。

 会社に「犯罪行為であり、この件は納得できない」という内容のメールをしたのですが、それを見た上司が犯罪ではないのでこのまま使っても問題ないだろ?事を大きくしすぎなんだ!と怒られました。

 一応、会社には間違ってるという意思は伝えましたので会社の返事を待とうと思っていますが、定期券の不正利用は、鉄道会社と個人の追加金が発生するだけで何の罪にはならないのでしょうか?



(20代後半:男性)

匿名弁護士

 他人名義の定期券を使って乗車することは立派な犯罪です。その前に、相談者の方も触れている「追加金」について説明しておきます。



 鉄道営業法18条2項は、「有効ノ乗車券ヲ所持セス又ハ乗車券ノ検査ヲ拒ミ又ハ取集ノ際之ヲ渡ササル者ハ鉄道運輸規程ノ定ムル所ニ依リ割増賃金ヲ支払フヘシ」と規定しています。これを受けて、鉄道運輸規程19条は、「有効ノ乗車券ヲ所持セズシテ乗車シ又ハ乗車券ノ検査ヲ拒ミ若ハ取集ノ際之ヲ渡サザル者ニ対シ鉄道ハ其ノ旅客ガ乗車シタル区間ニ対スル相当運賃及其ノ二倍以内ノ増運賃ヲ請求スルコトヲ得」と規定しています。

 つまり、鉄道事業者は、有効な乗車券を所持していない者に対して、通常運賃に加え、運賃の2倍以内の割増運賃を請求できるわけです。多くの鉄道事業者は、約款や規約等で割増運賃を2倍に設定しているため、不正乗車が発覚した場合には、通常運賃に割増運賃を加えた、通常運賃の3倍額を請求することになっています。



 以上は、あくまで利用者と鉄道事業者との間の損害賠償に関する問題であり、いわゆる「犯罪」ではありません。しかし、鉄道営業法は、上記の規定とは別に29条不正乗車罪を規定しています。なお、同条は不正乗車した者を「五十円以下ノ罰金又ハ科料ニ処ス」と規定していますが、この規定は罰金等臨時措置法により、2万円以下の罰金または科料に読み替えられています(同法2条1項)。

 また、他人名義の定期券を利用した乗車を駅員が許可するとは考えられないことから、正しい権限があるように装って改札を通過し、運輸の利益を受けた場合には、詐欺罪刑法246条)が成立する可能性もあります。



 以上のように、他人名義の定期券を使用することは、犯罪になりますし、それをそそのかした上司も教唆犯刑法61条1項)として処罰される可能性があります。また、会社ぐるみで黙認していたというような場合には、鉄道事業者から会社に対して損害賠償を請求されるおそれもあるでしょう。こうした事実を示して、上司を説得してみてはいかがでしょうか。

2015年07月18日 02時32分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

駐車場での拾い物。届け出を忘れて窃盗や横領になりますか?

横領 2018年01月04日

自宅マンション内の駐車場で誰かの忘れ物で新品の加湿器が置いてあるのを見つけました。 出発するところだったのでマンションに戻って管理人に届けるのは面倒と思い、通り道にある交番に届けようとトランクに積み出発しました。 しかしその後仕事の電...

重要証拠品だからと言って、通帳を返してくれません。早急に返還してもらえる手段を教えてください。

横領 2017年10月25日

郵便局の定期預金通帳を紛失し、再発行した際、残高が600万少なく、結果、局員が詐取していたことが判明。その局員は逮捕され、指示した上司はは言い逃れし、この上司相手に詐取した金額の返還と慰謝料請求の裁判をおこし勝訴。この上司宛に裁判所か...

着服と弁済供託について

横領 2017年08月14日

着服を働き 会社へ弁済を申し出ましたが断られました。 ネット弁護士からは弁済供託をするように勧められました。 金額は八万円の着服で10万円の供託です。 示談、解雇回避に有効ですか?

娘の友人が質屋やリサイクル店へ高級バックを売ってしまいました。横領罪に問うことができるでしょうか

横領 2017年08月02日

先日、妻の所持品である高級バックや衣類が無くなっていることにきずきました。娘が時々勝手に持ち出すことがあるので、聞いたところ友人宅にもっていったあと、その友人宅で盗難があってなくなったしまったという返答でした。そこで警察に知らせ調べて...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

横領に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

ページ
トップへ