警察の取調べの後、検察から呼び出された!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月21日 23時50分

 銀行ATMコーナーでお金を拾ったのですが、警察に届けず使ってしまいました。後日、落とし主が警察に被害届を提出し、防犯カメラに映っていた私は、警察の任意の取調べを受けました。

 取調べで、お金を届けなかったことを認め、落とし主に同額を返済し、「重い処罰を望みません」という証書も書いて頂きましたが、検察庁から呼び出しがかかってしまいました。 

 私は20代後半で、これが初犯です。「誰も見ていないし、落とし主も現れないかも」という勝手な考えと軽率な行動を、今ではとても反省しています。結婚を控えている身なのにこんな事になってしまって、自分はどうなるのかと心配でたまりません。

 検察庁に呼ばれた時に注意する点などありましたら、アドバイスをお願い致します。



(20代:女性)

匿名弁護士

     「検察庁から呼び出しが来た」ということは、事件が警察から検察庁に送致され、検察官が取調べて起訴するかどうかを決める、あるいは検察官による起訴後の取調べが開始される、等の場合が考えられます。

     本件の場合は、相談文の内容から、検察官自らが被疑者を取調べる(刑事訴訟法191条197条)、あるいは検察庁に事件が送致され、検察官が取調べに入るという場面でしょう。



     刑事訴訟法における起訴(刑事訴訟法247条256条)とは、検察官が裁判所に起訴状を提出して、被告人が有罪であるか否かを決定する訴えを提起することをいいます。起訴により、「被疑者」は「被告人」という裁判の一方当事者となります。そして、審理の結果、検察官の主張が正しいと裁判所が判断した場合には、被告人は相当の刑罰を受けることになります。

     しかし、検察官には、犯人の性格、年齢および境遇、犯罪の軽重および情状ならびに犯罪後の情況などを考慮して、起訴を見送る権限も与えられています(248条、起訴便宜主義)。その場合、同一事件について、以後刑事責任を追及されることはありません。また、前科もつきません。



     検察官の取調べを受ける際に特に注意すべきことがあるとすれば、反省の意を示し、二度とこのようなことはしないという固い決心を示すこと、結婚前であることを配慮してもらうよう率直に伝えること、などでしょうか。



     あなたが初犯であり、今は自分のしたことを反省し、被害者に賠償も済ませたということであれば、起訴されることは多分ないでしょう。犯行の態様についても、(窃盗容疑で立件されているとしても)占有離脱物横領に近いもので、特に悪性が強いとはいえない点も考慮されると思われます。

2015年07月21日 23時50分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

悪徳不動産仲介会社からの手付金の回収はできるのか?

横領 2017年07月07日

不動産売買に関わる詐欺被害についてです。 手付金として、お金を入金したところ売主に渡らず不動産会社が横領し使用してしまい、破産手続きは金が必要なためあえてせず事実上幽霊会社として存続させています。社長は自己破産し、会社の財産も一切ない...

相続財産を隠匿されている場合の罪

横領 2017年07月04日

父の遺産について、生前に財産を預かっていた相続権のない父の弟が父親名義でなかった資産を隠匿しているようで一向に相続人である本人に渡すそぶりがありません。この場合窃盗横領罪は成立するのでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

横領に強い弁護士

刑事事件を主に取り扱っています。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

ページ
トップへ