警察の取調べの後、検察から呼び出された!

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月21日

 銀行ATMコーナーでお金を拾ったのですが、警察に届けず使ってしまいました。後日、落とし主が警察に被害届を提出し、防犯カメラに映っていた私は、警察の任意の取調べを受けました。

 取調べで、お金を届けなかったことを認め、落とし主に同額を返済し、「重い処罰を望みません」という証書も書いて頂きましたが、検察庁から呼び出しがかかってしまいました。 

 私は20代後半で、これが初犯です。「誰も見ていないし、落とし主も現れないかも」という勝手な考えと軽率な行動を、今ではとても反省しています。結婚を控えている身なのにこんな事になってしまって、自分はどうなるのかと心配でたまりません。

 検察庁に呼ばれた時に注意する点などありましたら、アドバイスをお願い致します。



(20代:女性)

関連Q&A

金券の横領について

横領 2017年04月26日

お願いします。 私は、32歳で某コールセンターにて、管理職として勤務しておりましたが、今年の1月から3月にかけて、サイト内で利用できるギフト券の様なものを130万円分不正に付与をしてしまいました。 会社には経緯などを説明し、今後の対応...

業務上横領をしました。

横領 2017年04月22日

会社の事務員をしていました。 数年前から私物の購入時に領収書を発行してもらい 経費として計上して着服していました。 二日前に会社で罪を問われ 告白しました。 金額は昨年度だけで380万です。 明日 通帳を持って会社に行きます。 私はど...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「検察庁から呼び出しが来た」ということは、事件が警察から検察庁に送致され、検察官が取調べて起訴するかどうかを決める、あるいは検察官による起訴後の取調べが開始される、等の場合が考えられます。

     本件の場合は、相談文の内容から、検察官自らが被疑者を取調べる(刑事訴訟法191条197条)、あるいは検察庁に事件が送致され、検察官が取調べに入るという場面でしょう。



     刑事訴訟法における起訴(刑事訴訟法247条256条)とは、検察官が裁判所に起訴状を提出して、被告人が有罪であるか否かを決定する訴えを提起することをいいます。起訴により、「被疑者」は「被告人」という裁判の一方当事者となります。そして、審理の結果、検察官の主張が正しいと裁判所が判断した場合には、被告人は相当の刑罰を受けることになります。

     しかし、検察官には、犯人の性格、年齢および境遇、犯罪の軽重および情状ならびに犯罪後の情況などを考慮して、起訴を見送る権限も与えられています(248条、起訴便宜主義)。その場合、同一事件について、以後刑事責任を追及されることはありません。また、前科もつきません。



     検察官の取調べを受ける際に特に注意すべきことがあるとすれば、反省の意を示し、二度とこのようなことはしないという固い決心を示すこと、結婚前であることを配慮してもらうよう率直に伝えること、などでしょうか。



     あなたが初犯であり、今は自分のしたことを反省し、被害者に賠償も済ませたということであれば、起訴されることは多分ないでしょう。犯行の態様についても、(窃盗容疑で立件されているとしても)占有離脱物横領に近いもので、特に悪性が強いとはいえない点も考慮されると思われます。

2015年07月21日

横領に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

気軽に、いつでもご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ