世界に一枚しかない思い出のDVDの損害額は?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年05月09日 00時58分

 私の結婚式の余興を気に入った友人から、「自分もやりたいのでDVDを貸してくれ」と頼まれました。プロに頼んだものはなく、親戚に撮ってもらったものが1枚あるだけなので、正直貸すことに躊躇しましたが再三頼まれたので貸しました。 
 友人は、自分の式で余興を担当する人に又貸しし、その人がなくしてしまったのです。

 世界にひとつしかないDVDで、しかもそれを私の知らない第三者に失くされ、非常に落胆しています。友人と第三者は弁償したいといっていますが、どれくらいの額を請求していいかわかりません。いくらお金を積まれても、あの日あの時の映像が戻ってくるわけではなく、納得できるかどうかもわかりません。

(30代:男性)

匿名弁護士

     あなたは、友人に対しては債務不履行に基づく損害賠償請求民法415条)、DVDをなくした人に対しては所有権侵害という不法行為に基づく損害賠償請求(709条)をすることができます。


     友人にDVDを貸す行為は、無料で貸すなら使用貸借契約民法593条~600条)、有料の場合は賃貸借契約601条~621条)にあたります。それぞれの契約について、当事者が禁止されていること、してもよいことが規定されています。これらの債務が履行されず、損害が発生した場合には、債権者は損害賠償を請求できることになります。


     使用貸借契約、賃貸借契約にかかわらず、借りたものは返さなければなりません。友人は目的物返還債務の不履行(履行不能)により損害賠償を請求されることになります。

     一方、DVDを失くした人は、あなたと契約関係にあるわけではありません。しかし、あなたのDVDに対する所有権を侵害したのですから、その行為は不法行為として損害賠償請求の理由となります。


     ただ、その場合の損害額はいくらになるのでしょうか。DVD本体の価格は、何百円かにすぎないでしょう。DVDに記録されていた情報の価値がいくらと評価されるかが問題となります。
     残念ながら、その情報があなたにとっていかに大切なものであっても、客観的価値は高くないと考えられます。もちろん、相手方との合意で高額の賠償金を払わせられるなら別ですが、訴訟で損害額が争われるとすれば、到底納得できない金額になると思われます。慰謝料710条)として請求するとしても、同様の問題が起こります。


     賠償額の特定に際しては、被害者にとっては理不尽とも思われる結果になることが稀ではありません。例えば、愛犬を死亡させられたとして、不法行為による損害賠償請求をしたとします。その犬が、当事者にとって文字通りかけがえのないものであり、家族の一員として可愛がっていたとしても、その雑種犬の客観的価値はゼロに等しいものと評価されるでしょう。

     しかし、これは、民法が損害賠償を「金銭をもってその額を定める」(金銭賠償の原則417条)ことを原則としている以上、甘受しなければならない現実なのです。

2015年05月09日 00時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

悪徳不動産仲介会社からの手付金の回収はできるのか?

横領 2017年07月07日

不動産売買に関わる詐欺被害についてです。 手付金として、お金を入金したところ売主に渡らず不動産会社が横領し使用してしまい、破産手続きは金が必要なためあえてせず事実上幽霊会社として存続させています。社長は自己破産し、会社の財産も一切ない...

相続財産を隠匿されている場合の罪

横領 2017年07月04日

父の遺産について、生前に財産を預かっていた相続権のない父の弟が父親名義でなかった資産を隠匿しているようで一向に相続人である本人に渡すそぶりがありません。この場合窃盗横領罪は成立するのでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

横領に強い弁護士

刑事事件を主に取り扱っています。

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

ページ
トップへ