ホームページに虚偽記載は詐欺未遂にあたるのか?

User image 1 lu_52ecbe88さん 2019年07月19日 02時16分

自社(A社)のホームページに記載している実績が、同業社(B社)のホームページにまるまるコピーされて記載されています。

B社にいる人物(C氏)は一時期A社に関わりはありましたが、C氏が関わりのない実績まですべてコピーしてあります。

C氏はA社のお金を持ち出した過去もあり、その上にこのような行為を行うことは許しがたく、遺憾です。

このような虚偽をホームページに記載し、仕事を得て金銭を受領しようとする行為は詐欺もしくは詐欺未遂にあたるのではないでしょうか?

もしくは何か別の罪にあたるのであればお教えください。

どうぞ宜しくお願い致します。

ホームページへの他者実績へのコピーが直ちに詐欺・詐欺未遂罪に当たるとは言えません。

ただし、事実に反し不当に顧客誘引する表示の場合は、景表法違反に当たる可能性があります。
消費者庁の景表法ガイドブックでは、予備校の合格実績の誇大表示について、景表法5条1号の優良誤認表示の例として挙げています。
景表法5条違反について罰則はありませんが、違反行為について内閣総理大臣(実際は消費者庁)は措置命令を出すことが出来るとされます(同法7条)。措置命令に違反した場合は、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処せられる可能性があります(同法36条1項)。

また、単に実績のコピーに止まらず、B社のHP上における創作性を有する部分(例えば、宣伝文章等)を引用なくコピーした場合には、著作物の無断複製として10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処せられ、又は併科される可能性があります。

2019年07月19日 09時49分

詐欺にはならないでしょう。
著作権侵害になりますね。
当該部分の著作権は、貴社にありますね。
侵害行為をやめるように警告書を出すといいでしょう。
謝罪を求めたり、損害があれば、請求もできます。
刑事事件にもなりますね。
ただし、警察が捜査に踏み込むかどうかまでは、分か
りません。
損害が多額になるなら動くでしょうが。

2019年07月19日 10時19分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

嘘をついてお金を借りてしまいました

詐欺 2021年05月19日

元カノに嘘をついてお金を借りていました。 一括で返すと言って、身内に借りようとしましたが結果借りれなかったため分割で全て返済しましたが、詐欺師と言われ被害届を出すと言われています。 嘘をついたのは事実なため何も言い返せないのですがこれ...

個人間の店舗売買で書面を作らずにお金を払ってしまいました。入金後に内容を変更されて詐欺のようなことを言われてしまったのですがお金を取り戻す方法はありますか?

詐欺 2021年05月07日

個人間のトラブルでご相談です。 BARとして使用されていた店舗をBARオーナーから200万円で買い取りました。 口約束で内容は内装、什器、家具、調理器具など店内の物全てと決めた上で買取りをしたのですが、支払い後にお店の中の物は持って出...

Twitterで詐欺に遭った。返金は可能なのか。

詐欺 2021年03月24日

Twitterで詐欺?に遭いました。内容としてはライブチケットを譲っていただけるということでお話を進め、現金書留にて33000円を発送致しました。受け取り連絡も頂き、その後沢山のやり取りをDMでしていました。ですが、ライブ直前になり連...

キャッシュカードを送ってしまった事について

詐欺 2020年12月19日

銀行上層部からの案件を紹介して頂き、 口座の開設と持っていた口座のキャッシュカードを送ってしまいました。 口座開設がちゃんとできているかの確認をするため 送ってほしいと言われ送ったのですが、、 ここでのやりとりが電話の為証拠がありませ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する