銀行から『被害回復分配金支払申請についての案内』が送られてきた。どうすればいいの?

Legalus編集部さん 2014年12月20日

 以前利用した出会い系サイトが悪徳業者だったらしく支払っていた銀行から『被害回復分配金支払申請についての案内』が送られてきました。

 これは一体どの様なものなのでしょうか?申請した方が良いのでしょうか?



(20代:女性)

関連Q&A

元夫が無断で子供の育英資金を申請し、使い込んでいたことが離婚後に判明しました

詐欺 2017年01月19日

私自身ではなく、妹の相談です。(その為、詳細は不明な点があります) 妹は10年前に二人の子連れで再婚したのですが、男の金遣いの荒さや勤労意欲のなさから昨年離婚しました。 ところが離婚後、元夫が妹に無断で二人の子供の育英資金を申請し、四...

運転免許のコピー紛失

詐欺 2016年12月15日

先日、コンビニで免許書をコピーした際、コピーしたものを その場に置き忘れてしまいました。 原本は手元にあります。 その置き忘れた免許書のコピーが、何かに悪用される事はある のでしょうか? ある場合、未然に防ぐ方法はありますでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     被害回復分配金とは、「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」(別名「振り込め詐欺救済法」といいます。)に基づく、振り込め詐欺の被害者の財産的被害の回復を図るものです。

     「振り込め詐欺救済法」とは、振り込め詐欺被害を受けた者の財産的被害の迅速な回復等に資することを目的とし、被害回復分配金の支払等のため、預金等に係る債権の消滅手続及び被害回復分配金の支払手続等を定める法律です(同法1条)。



     同法によると、預金保険機構は、金融機関が犯罪利用預金口座等であると疑うに足りる相当な理由があると認める口座についての公告の求め(4条1項)があったときは、その口座の金融機関、支店、種別、及び口座番号、名義人名並びに権利行使届出期間を公告することになっています(5条1項)。

     60日間以上の権利行使届出期間内(5条2項)に届出がなく、かつ金融機関からの犯罪利用預金口座でないことが明らかになった旨の通知(6条2項)もない場合は、その口座の預金債権は消滅し、預金保険機構はその旨を公告することになっています(7条)。

     そして銀行などの金融機関は、この債権消滅した口座の額に相当する額の金銭につき、その口座を利用してされた振り込め詐欺の被害者に対し、被害回復分配金を支払うことになります(8条1項)。

     この支払いを受けるためには、その金融機関に対し、被害者であることを示す事実や被害額などを、申請しなければなりません(12条1項)。



     ですので、相談者が振り込め詐欺の財産的被害を回復したいのであれば、今回銀行から送られてきた『被害回復分配金支払申請についての案内』に従って被害回復請求分配金の申請をした方が良いです。

2014年12月20日

詐欺に強い弁護士

丁寧な説明を心がけています。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ