Twitter上の取引で被害届を出されました。どのように対応すれば?

Legalus編集部さん 2015年11月09日

 Twitterでチケットやグッズの取引をしていて、体調をくずして入金が遅れてしまい、明日お金を振り込むと言ったのにできませんでした。それで被害届を出されました。その前に、以前から取引しているものも、お金をまだ払っていませんでした。

 この場合被害届を出されたらどうなりますか?



(10代:女性)

関連Q&A

ワンクリック詐欺への対処方法を教えてください

詐欺 2016年08月19日

恥ずかしながらワンクリック詐欺に会い、有料会員登録として高額請求されました。端末情報を保存したとの表示がありましたが、怖くなりこちらから相手へは一切連絡していません。 民間の探偵会社に相談したところ「相手が端末情報から携帯会社に開示依...

こういった場合、詐欺罪に該当するでしょうか?

詐欺 2016年07月02日

例えば「これを読めばすべてがわかる!骨移植」という本を読んでも、全然何も分からなければ作者は詐欺者で犯罪者ですか? (30代:男性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ツイッターやネットオークションにおいて、「取引する」「買う」と言っておきながら、商品を受領したにもかかわらずお金を支払わなかった場合、詐欺罪(刑法246条1項、もしくはネット上の取引であれば、刑法246条の2で規定される電子計算機使用詐欺にあたる可能性があります)が成立する可能性があります。



     詐欺罪が成立するためには、相手をだまそうとする欺罔行為(きもうこうい)によって、相手方が錯誤に陥り、財物を交付する(お金を得られると思って商品を渡す)という一連の流れが肯定された場合に成立します。



     したがって、本当にご相談内容のように、単純に支払が遅れた場合であれば、相手をだまそうとする欺罔行為がないため、詐欺罪は成立しません。

     しかし、「明日支払う」と言っても、そもそもお金を持っておらず、支払う能力がなかった場合は、「支払える状態にないのに、支払えると言ってだました」ということになるため、欺罔行為が認められ、詐欺罪が成立します。



     ご相談内容に、「以前から取引しているものもお金を支払っていない」という内容があるため、おそらくご相談者様は「そもそも支払い能力がなかった」と見られます。そうであれば、結局のところ、詐欺罪が成立しうるケースになりますので、相手へのすみやかな対応が必要になります。



     被害届が出されているならば、実際に警察が捜査を開始し、犯罪として立件をする可能性はゼロではありません。その過程において、捜査機関がTwitterから当該アカウントに関するアクセス情報の提供を受け、プロバイダ等に照会をしてご相談者様を特定し、事情聴取を行うなどのことは考えられます。その上で、詐欺罪にあたるとなれば、最悪の場合、逮捕などの対応を取られる可能性がありえます。



     相手方にすぐに連絡を取り、取引代金を全額入金し、被害届を取り下げてもらうように対応してください。

     支払能力がないのであれば、お父様やお母様に今回の件を相談し、相手方に対して支払うとともに誠心誠意謝るなどの対応をしたほうがよいでしょう。



     相手方が応じない場合であれば、刑事事件に明るい弁護士などの専門家に依頼し、示談交渉を行うことをおすすめいたします。

     そして、今後はインターネットやSNSを経由した安易な取引は慎むべきだと考えます。

2015年11月09日

詐欺に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ