Twitter上の取引で被害届を出されました。どのように対応すれば?

Legalus編集部さん 2015年11月09日

 Twitterでチケットやグッズの取引をしていて、体調をくずして入金が遅れてしまい、明日お金を振り込むと言ったのにできませんでした。それで被害届を出されました。その前に、以前から取引しているものも、お金をまだ払っていませんでした。

 この場合被害届を出されたらどうなりますか?



(10代:女性)

関連Q&A

元夫が無断で子供の育英資金を申請し、使い込んでいたことが離婚後に判明しました

詐欺 2017年01月19日

私自身ではなく、妹の相談です。(その為、詳細は不明な点があります) 妹は10年前に二人の子連れで再婚したのですが、男の金遣いの荒さや勤労意欲のなさから昨年離婚しました。 ところが離婚後、元夫が妹に無断で二人の子供の育英資金を申請し、四...

運転免許のコピー紛失

詐欺 2016年12月15日

先日、コンビニで免許書をコピーした際、コピーしたものを その場に置き忘れてしまいました。 原本は手元にあります。 その置き忘れた免許書のコピーが、何かに悪用される事はある のでしょうか? ある場合、未然に防ぐ方法はありますでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ツイッターやネットオークションにおいて、「取引する」「買う」と言っておきながら、商品を受領したにもかかわらずお金を支払わなかった場合、詐欺罪(刑法246条1項、もしくはネット上の取引であれば、刑法246条の2で規定される電子計算機使用詐欺にあたる可能性があります)が成立する可能性があります。



     詐欺罪が成立するためには、相手をだまそうとする欺罔行為(きもうこうい)によって、相手方が錯誤に陥り、財物を交付する(お金を得られると思って商品を渡す)という一連の流れが肯定された場合に成立します。



     したがって、本当にご相談内容のように、単純に支払が遅れた場合であれば、相手をだまそうとする欺罔行為がないため、詐欺罪は成立しません。

     しかし、「明日支払う」と言っても、そもそもお金を持っておらず、支払う能力がなかった場合は、「支払える状態にないのに、支払えると言ってだました」ということになるため、欺罔行為が認められ、詐欺罪が成立します。



     ご相談内容に、「以前から取引しているものもお金を支払っていない」という内容があるため、おそらくご相談者様は「そもそも支払い能力がなかった」と見られます。そうであれば、結局のところ、詐欺罪が成立しうるケースになりますので、相手へのすみやかな対応が必要になります。



     被害届が出されているならば、実際に警察が捜査を開始し、犯罪として立件をする可能性はゼロではありません。その過程において、捜査機関がTwitterから当該アカウントに関するアクセス情報の提供を受け、プロバイダ等に照会をしてご相談者様を特定し、事情聴取を行うなどのことは考えられます。その上で、詐欺罪にあたるとなれば、最悪の場合、逮捕などの対応を取られる可能性がありえます。



     相手方にすぐに連絡を取り、取引代金を全額入金し、被害届を取り下げてもらうように対応してください。

     支払能力がないのであれば、お父様やお母様に今回の件を相談し、相手方に対して支払うとともに誠心誠意謝るなどの対応をしたほうがよいでしょう。



     相手方が応じない場合であれば、刑事事件に明るい弁護士などの専門家に依頼し、示談交渉を行うことをおすすめいたします。

     そして、今後はインターネットやSNSを経由した安易な取引は慎むべきだと考えます。

2015年11月09日

詐欺に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ