ドリンクバーを回し飲みすると犯罪?!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年05月08日

 ドリンクバーを一つ頼んで一つのコップで複数人が回し飲みすることは法的にどうなのでしょうか?



(10代:男性)

関連Q&A

いただいたと思っていたお金を返せと言われた。わたしは詐欺罪にあたるのでしょうか?

詐欺 2017年04月28日

紹介で知り合った男性から三回金銭的な援助を振り込みでしてもらいました。 援助してもらう内容は嘘をついたときもありました。親の入院費、借金など 借用書などは書いておらず振り込みでもらいました。 金銭的に困っている話をしたら、僕が助けるか...

これは結婚詐欺?なのでしょうか?

詐欺 2017年04月28日

私は既婚者の彼と3ヶ月間お付き合いしました。奥さんには1ヶ月前にばれています。彼から私に告白をしてきました。私は最初は奥さんがいるからなどと言って断りましたが、離婚するからと言われ信じて付き合いました。が、結局離婚せず今3ヶ月が立ちま...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     最初から複数人で飲むために、一つのドリンクバーを注文する行為は、刑法上の詐欺罪にあたります。



     ファミリーレストランなどの飲食店における「ドリンクバー」は、一般的に、一人がひとつのドリンクバーを注文することが予定されています。

     それにもかかわらず、最初から複数人が飲むつもりで、一つのドリンクバーを注文する行為は、店員さんをだまして、ドリンクバーという財物を得ているといえます。

     そのため、このような行為には刑法上の詐欺罪が成立し(246条1項)、10年以下の懲役に処されます。



     これに対して、最初は一人で一つのドリンクバーを飲もうと思い、一つのドリンクバーを注文し、その後に複数人でドリンクバーを回し飲みしようという意思が生じて回し飲みをしたような場合は、人(店員)を欺く行為がないので、その時点において詐欺罪は成立しないでしょう。詐欺罪が成立するためには、「人を欺いて財物を交付させた」ことが必要であるからです。

     その後、レジで料金を清算する際の、人数分のドリンクバー代金の支払いを免れる態様によっては、詐欺罪が成立する場合も考えられますが、相手方の不注意に乗じて逃走した場合などは、店員さんによる財産上の利益を移転させる行為(処分行為)がないので、詐欺罪は成立せず、利益窃盗として不可罰となります。

     もっとも、刑法上の犯罪である詐欺罪が成立しないというだけなので、お店側から、民事上の責任追及として人数分のドリンクバー代金を請求されることは避けられません。

2014年05月08日

詐欺に強い弁護士

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ