ぼったくりバーの被害にあった!

Legalus編集部さん 2015年01月07日

 出張で大阪に行き、ほろ酔い気分で客引きに乗ってしまいました。¥4000とのことで、スナックに入りました。1.5時間ほど店から出される焼酎を飲んで会計をしました。そのときに気づけばよかったのですが、当方は¥4000と思い込んでおり、さらに店員も¥4000である旨、当方に告げたので確認せずカードサイン欄にサインしてしまいました。翌日財布を見ると¥148000の請求書が・・・。カード会社を介して発注書を取り寄せると考えられないような大量の飲食をオーダーした旨偽造されていました。このような悪徳商法に対して、徹底して抵抗したいと考えています。どうか、法的手法をお教え願えないでしょうか



(40代:男性)

関連Q&A

借用書あるけど逃げられた

詐欺 2017年04月21日

150万貸すことになり 借用書を書いてもらったんですが 引越されて連絡がとれない状態です。 新しい住所もわからないし どのようにお金を返して貰えばいいんでしょうか? 逃げられたことに すごく怒っています。 詐欺罪とか何かの罪にとえない...

交際していた彼に嫁がいた

詐欺 2017年04月21日

半年ほど付き合っている彼がいました。 彼とは日中遊んだり泊まりがけであそんだりしていました。しかし連絡もあまりしてこないことや、最近では夜しか会わない。 夜あえばやって帰るの繰り返しでした。いつも中出しでした。結婚しているなんて聞いた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     飲食店に対して、契約を詐欺により取り消す旨の通知を出すとともに、カード会社に対しても、支払いを停止する通知を出しましょう。



     飲食店の店員が、代金を4000円といいつつ、148000円の領収書を出し、その分の代金をクレジットカードで支払わせることは、刑法上の詐欺罪にあたる行為です(刑法246条)。

     そのため、あなたはこの飲食店の店員を詐欺罪で刑事告訴することもできますし、契約を取り消して代金を支払わない旨を通知することもできます(民法96条1項)。



     また、クレジットカード会社に対しても、支払いを停止する通知を出せば、148000円分の代金の支払を拒絶することができます。

     「クレジット代金支払拒絶権」といって、クレジットで飲食代などを支払ったものの、販売会社(飲食店)との契約を取り消したり解除したりできる場合は、この旨を信販会社(クレジットカード会社)に通知すれば、通知以降のクレジット代金を支払わなくてもよいとされているのです。販売会社に対して主張できる事由を、クレジット会社にも主張して支払を拒絶できる権利です。



     よって、信販会社に対しても、クレジット代金支払拒絶の通知を、内容証明郵便などの文書で出しましょう。

     なお、すでにクレジットカード会社への支払期日が過ぎてしまっていて、代金を支払ってしまった場合は、飲食店に対して、148000円分の代金を返還するよう請求しましょう(不当利得返還請求権民法703条704条)。

2015年01月07日

詐欺に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ