ぼったくりバーの被害にあった!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年01月07日 03時33分

 出張で大阪に行き、ほろ酔い気分で客引きに乗ってしまいました。¥4000とのことで、スナックに入りました。1.5時間ほど店から出される焼酎を飲んで会計をしました。そのときに気づけばよかったのですが、当方は¥4000と思い込んでおり、さらに店員も¥4000である旨、当方に告げたので確認せずカードサイン欄にサインしてしまいました。翌日財布を見ると¥148000の請求書が・・・。カード会社を介して発注書を取り寄せると考えられないような大量の飲食をオーダーした旨偽造されていました。このような悪徳商法に対して、徹底して抵抗したいと考えています。どうか、法的手法をお教え願えないでしょうか



(40代:男性)

匿名弁護士

 飲食店に対して、契約を詐欺により取り消す旨の通知を出すとともに、カード会社に対しても、支払いを停止する通知を出しましょう。



 飲食店の店員が、代金を4000円といいつつ、148000円の領収書を出し、その分の代金をクレジットカードで支払わせることは、刑法上の詐欺罪にあたる行為です(刑法246条)。

 そのため、あなたはこの飲食店の店員を詐欺罪で刑事告訴することもできますし、契約を取り消して代金を支払わない旨を通知することもできます(民法96条1項)。



 また、クレジットカード会社に対しても、支払いを停止する通知を出せば、148000円分の代金の支払を拒絶することができます。

 「クレジット代金支払拒絶権」といって、クレジットで飲食代などを支払ったものの、販売会社(飲食店)との契約を取り消したり解除したりできる場合は、この旨を信販会社(クレジットカード会社)に通知すれば、通知以降のクレジット代金を支払わなくてもよいとされているのです。販売会社に対して主張できる事由を、クレジット会社にも主張して支払を拒絶できる権利です。



 よって、信販会社に対しても、クレジット代金支払拒絶の通知を、内容証明郵便などの文書で出しましょう。

 なお、すでにクレジットカード会社への支払期日が過ぎてしまっていて、代金を支払ってしまった場合は、飲食店に対して、148000円分の代金を返還するよう請求しましょう(不当利得返還請求権民法703条704条)。

2015年01月07日 03時33分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

詐欺被害にあい、その後詐欺加害者が出所し、お金を返したいと言っている場合の対応について

詐欺 2017年10月06日

私は、3年前に詐欺にあい200万円の被害を受けました。 裁判で、加害者は3年の実刑判決(執行猶予なし)を受けましたが、 先日、当時お世話になった刑事から、 「加害者が出所した。200万円を返したいから連絡を取ってほしい」と言っているが...

パチンコ店の交換所で金額が違うことが何度かあり、ちょろまかしてるのではと思います。交換所の担当者は何らかの罪に該当するんでしょうか?

詐欺 2017年09月15日

私はパチンコが好きで週に1回程遊んでいます。 先日の事ですが遊戯終了後に換金しようと交換所に景品を出したのですが、自分が計算した金額と出された金額が違いました。 幸いなことにすぐに気がつき、正しい金額を受け取ることができたのですが、実...

リフォーム業者の詐欺に引っかかったようです

詐欺 2017年09月14日

リフォーム中です。 完工完了日を2ヶ月過ぎても、半分程度の工事しかできていません。 金額は、350万で、担当者の言うまま、すべて支払ってしまっています。 最近わかった事なんですが、あまりにも完工が遅い・大工の不払いなど、 問題が発覚し...

店の権利売買で詐欺と言われました

詐欺 2017年09月13日

マッサージ店舗の権利を口約束で売買して現金500万で売りました。 しばらくすると売り上げが良くないので契約無効と言ってきてお金を全額返せと言ってきました、金返さないと詐欺になると脅してきます。 店舗の権利を売っただけで店の利益までは何...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

詐欺に強い弁護士

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回法律相談30分無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

ページ
トップへ