賭博 犯罪・刑事事件

賭博は犯罪になる案件とならない案件の線引きがよく議論になります。刑法185条では「一時の娯楽に供する物を賭けたとき」は、賭博罪に当たらないとしていますが、少額であっても違法であるとされた判例が存在します。一方で、競馬や宝くじなどの公的賭博もあります。
こうした賭博及び関連する刑法の知識や、賭博を得意としている弁護士・法律事務所を紹介します。

賭博

Eyecatch tobaku
ページ
トップへ