野球賭博による借金を払う必要はある?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 私の会社の同僚が、知り合いの野球賭博に参加して、900万円負けた事に関する相談です。

 
その知り合いは、野球賭博で得た900万のツケを同僚に対して言葉巧に誘導して、借金として借用書を作成し、公正証書までとりました。現在月々分割で支払い続けている状況です。この場合、900万は払いつづける必要があるのでしょうか?また、取り戻す事は出来ないでしょうか?ちなみに知り合いはヤクザ屋さんではありませんが、単独で営業している高利貸です。よろしくお願いします。


(30代:男性)

関連Q&A

サッカーの勝敗予想で、焼肉代を割り振ったら...賭博罪?

賭博 2015年07月16日

この間、友達数人と焼肉を食べに行きました。 その際、今、話題の、totoにちなんで、Jリーグサッカーの勝敗の予想をし、その結果によって順位を決め、代金を割り振って支払うことになりました。 でも、これって賭博罪とかにならないのでしょうか...

オンラインカジノで遊ぶことは違法ですか?

賭博 2015年07月13日

海外にサーバーを持つカジノサイトに日本からアクセスして遊ぶことは法に触れますか? (20代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     返済する義務はありませんが、すでに支払ったお金は取り戻せません。


     まず、野球賭博に参加して多額のお金を賭けることは、賭博罪刑法185条)として禁止される反社会的な行為です。そのため、野球賭博による借金は、公序良俗に反するものとして無効です(民法90条)。

     
    あなたの会社の同僚が、野球賭博で900万円負けたとしても、その借金は無効なので、900万円を支払うべき法律上の義務はありません。野球賭博の主催者である知り合いが、同僚に対して支払いを請求することもできません。

     
    無効な法律行為による債権ですから、本来であればこのような契約を公正証書化することはできません。しかし、普通はありえないことですが、万一公正証書化されてしまうと、一応は有効な債権とみなされてしまいます。

     
    作成した公正証書に「債務を履行しないときは直ちに強制執行を受けても異議のないことを認諾する」という債務者の約束(「執行認諾約款」)が記載されている場合は、とくに注意が必要です。この文言があると、同僚が返済をしないときに、公正証書に基づいて裁判を経ることなく強制執行することができるのです(民事執行法22条)。


     相手方が強制執行を申し立ててきた場合は、公正証書が無効であることを理由にして「請求異議の訴え」を提起すると同時に(民事執行法35条)、強制執行をストップさせるため「強制執行停止の申立て」をする必要があります。

     
    その際、実際には900万円ものお金を貸し付けられた事実はないことを明らかにする必要があるでしょう。


     なお、同僚は、すでに支払ったお金の返還を請求できません。不法の原因による給付物は、返還請求できないと定められているのです(民法708条)。

     
    これは、自ら社会的に非難されるべき行為をした以上、それを理由に自己の損失を取り戻すため法の救済を求めることは、その心情において責められるべきものと考えられるからです。

2014年01月07日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ