別居中の夫のマンションに勝手に入るのは不法侵入?

Legalus編集部さん 2016年04月01日

結婚9年目です。3ヶ月前、夫が「別居したい」と出て行きました。原因は、性格の不一致だそうです。

 新しい住所を教えてくれなかったので、週末に子供に会いに帰宅した際、携帯メールを調べました。すると、浮気していることが判明しました。

 その後、長期出張のため荷物を取りに来たとき、マンションの鍵を忘れていきました。それを使ってマンションに入ったら、不法侵入になるでしょうか。

 また、そこで浮気の物的証拠を得られたとしたら、証拠として有効でしょうか。


(30代:女性)

関連Q&A

親戚に勝手に合鍵を作られた場合、鍵屋も共犯じゃないの?

住居侵入 2014年10月01日

夫が所有し、また登記でも夫名義になっている家屋に夫がいない間に夫の姉妹が勝手に合鍵を作り家に侵入していました。この場合、合鍵を作った鍵屋も所有者が誰なのかを確認せずに開けたのは犯罪なのではないでしょうか?姉妹に対しても被害届を出そうと...

突然住居侵入罪を主張した彼氏、こんなの成立するの?

住居侵入 2014年07月07日

男性甲と女性乙とが交際関係にある。交際期間は2年。その間、乙は甲宅に自由に出入りしており、そのことでトラブルはなかった。甲は一人暮らしである。乙は甲宅の合鍵を持っていたわけではなかったが、甲宅は、常時、鍵が掛けられていなかった。 いつ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     今回のご相談内容を見る限り、ご相談者様が別居中の夫の家にあがるのは不法侵入となってしまいます。そのため、浮気の物的証拠についてはそもそも入手すること自体が違法となるのですが、仮にそれを得られたとしても、裁判では有利に働かない可能性があります。

     それでは、それぞれについて詳しく解説をしていきましょう。



     まずは不法侵入について。これは刑法の住居侵入等130条前段に記載されている住居侵入罪にあたるのですが、根本的な部分として、なぜ住居侵入が不法となるのかを考えてみましょう。

     そもそも刑法の罪には、それぞれに保護されるべき利益があります。これを保護法益と言うのですが、それを理解すると、なぜその行為が刑法上の罪になるのか?といったことが見えてきます。



     では、住居侵入罪における保護法益とは何かについて考えてみます。

     いくつかの説があるのですが、代表的なものとして「誰を自宅に立ち入らせるかは、住んでいる人が決定できる」という権利を保護法益とするものと、住居の平穏自体が保護法益である、とするものがあります。



     前者について、誰もが勝手に住居に立ち入ることができるというのは、確かに住人の意思が無視されています。

     後者についても、無断で人が入ってきては不安が尽きません。そのため両方の説はいずれも、至極もっともである、と言えるでしょう。

     そこで、ここからはこの2つの説を使い、今回のご相談内容について考えてみます。



     まず、夫が別居を目的に家を出て3カ月が経っており、さらに新住居についてもその場所を教えていないわけですから、法律上夫婦であったとしても、新住居にご相談者様を入れたくない、と考えるのはごく自然なことです。

     さらに、ご相談者様を入れたくないという夫の意思は明確になっている、といえます。そのため、住居権者の意思に反して住居に立ち入ることは、住居侵入罪にあたってしまうのです。



     また、今回のケースではご相談者様は鍵をお持ちのようですが、それはあくまで別居中の夫が忘れていったものにすぎません。「この鍵を使って勝手に入ってもいい」と言われているのとは事情が異なります。

     そう考えると、普通に玄関から入る、といった行動であっても他人の住居の平穏を害す行為とみなされるのです。こうした意味でも、住居侵入罪になってしまう可能性は高いでしょう。

     いくら浮気の証拠集めだからと言っても、正当化するのは難しいと言えます。



     次に、「浮気の物的証拠を持ち出せたら~」、といった部分についても考えてみましょう。これは当然ではありますが窃盗になりますので、やはり犯罪です。

     ただし、窃盗はあくまで有形物の持ち出しを想定していますから、パソコン内のデータを持ち出した場合には窃盗にはなりません。



     ですが、こうして持ち出した証拠を裁判で提出した時、裁判官にはどのような印象にうつるでしょうか?

     裁判官は、その証拠がどのように入手されるかを考えます。そしてそれが、不法侵入によって持ち出されたものだという結論に至ったなら、明らかに裁判では不利に働くでしょう。

     刑事事件とは違い、民事訴訟においては違法に収集された証拠を裁判で使ってはならない、ということはありません。とは言え、こうした事態を考えれば、不法侵入というリスクを冒してまで入手すべきものではないと考えられます。

2016年04月01日

住居侵入に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ