家庭内の暴力について、刑事事件にあたるのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年12月22日 19時27分

 私には6歳離れた弟がいるのですが、最近1ヶ月の間に2度、10分程度の間、些細なことで暴力をふるわれました。実家に暮らしているため、親に迷惑をかけたくない、やり返せば終わりがないことがわかっているため、私はやり返す事はしませんが、それをいい事に暴力を長時間続けてきます。警察に被害届を出して刑事告訴として社会的な処罰を望むのですが、このようなケースで警察は動いてくれるでしょうか?ご助言よろしくお願いいたします。



(30代:男性)

匿名弁護士

 夫婦間(および婚姻関係と同様の事情にある者)においての暴力、いわゆるドメスティックバイオレンスについては「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」という法律があります。

 しかしながら、ご相談事例のように「兄弟間」の暴力行為を規制するための法律というものはありません。したがって、一般的な法律を用いた対処を考えることになります。

 具体的には、暴力を受けてケガをした場合は、刑法の傷害罪(刑法204条)が適用されます。単に暴力を振るわれているのなら刑法の暴行罪(刑法208条)が適用されます(民事では、不法行為に基づく損害賠償請求として怪我による治療費などの請求が可能です。民法709条参照)。



 ただ、ご心配されているように警察は、家庭内の暴力行為に対してあまり介入しないようにする場合があるというのが実情であろうと思われます。そのため、暴行を受けた時の状況を録音や録画するなどしておく。その結果、ケガをした場合は、病院に行き診断書を作成しておくなどの「証拠集め」を行った上で、警察に対してご相談や被害届の提出をされるのがよいと思われます。

 それでも積極的に警察機関が動いてくれない場合は、各地域に設けられた「法テラス」で家庭内暴力についての相談を受け付けてくれる場合があります(もちろん、ご相談者様自身で家庭内暴力の対応について詳しい弁護士などの専門家を探して頼っていただいてもよいと思います)。こうした窓口を活用されることをおすすめいたします。



 昨今、家庭内暴力によって、いたましい結果となる事例が散見されます。「家族だから」という気持ちが手遅れを招いてしまう場合もありますので、早めの対処•相談が必要ではないかと考えます。

2014年12月22日 19時27分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

万引き、自転車窃盗 少年犯罪

少年事件 2017年11月03日

14歳息子の万引き、自転車窃盗の件で 事情聴取したいと警察から電話がありました。 防犯カメラに映っていていることと 余罪があり何度か捕まっている友達からの 供述から息子の名前があがり事件発覚となったのですが、今後の処分はどうなるのでし...

息子が自転車によるひったくりで現行犯逮捕されました。今後の動きはどうなるんでしょうか…。

少年事件 2017年08月29日

先日息子が自転車によるひったくりで現行犯逮捕されました。 窃盗になると思うのですが、15歳になる前に一度店舗にて万引きをして 逮捕されています。 息子は現在15歳です。二度窃盗罪で逮捕されると鑑別所送致などされてしまうのでしょうか? ...

傷害事件の被害者側からの示談

少年事件 2017年06月27日

子供が喧嘩(ほぼ一方的に暴力を受けた)で手術が必要な怪我をし、入院をしました。 直ぐに警察に届けを出したのですが、加害者の方が二週間過ぎた頃に謝罪に来られました。 示談と言うお話ではなかったのですが「少年院に入らせるより親代わりと言う...

万引きをしてしまいましたが、20になると前科が消えるのは本当なんですか

少年事件 2017年04月28日

自分は16で万引きをして前科がつきました、しかし友達の 話によると20になると前科が消えると言われたのですが本当なのでしょうか?お答えください

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

少年事件に強い弁護士

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

<川崎駅徒歩3分><初回相談無料><当日・休日・夜間相談可能> 経験豊富な弁護士が依頼者の方のご要望を丁寧にお...

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

ページ
トップへ