未成年者が万引き(窃盗)で捕まったら...

Legalus編集部さん 2014年12月26日

 後輩と三人で、ある店にいきました。自分は特に買うものがなかったので、少しはなれたところで待っていました。ところが、いつになっても後輩がもどってこないので、カウンターで呼び出しをしてもらいました。
 やって来た店員さんに「白いパーカー着た子でしょ?」と聞かれたので、「はい」と言いました。するとそのまま事務所に連れて行かれ、「君が命令して万引きさせたんだろ」と責められました。どうやら、その後輩は万引きを見つかり、僕に命令されてやったと言ったらしいのです。
 僕は全く身に覚えがありません。共犯ということになってしまうのでしょうか。これからどうしたらいいでしょうか。

(10代:男性)

関連Q&A

保護司の変更は可能でしょうか?

少年事件 2016年03月28日

今、息子は去年の10月から少年院に入っています。少年院からはだいたいの矯正予定が届き、11ヶ月の予定と書いてありました。 ところが、保護司の方が訪問してきた際に「息子は長くなりそう」とか「まだまだ帰って来ない」とか色々言って帰られまし...

万引きをしました。その後の処分が気になります。

少年事件 2016年01月16日

17歳の女性です。私は今日コンビニで万引きをしてしまいました。今日だけではなく、前にもやっていて、コンビニ側には目をつけられていました。コンビニだけではなく書店でも万引きをしたことがあり、いずれこちらも発覚することになると思います。被...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     万引きは、刑法上の「窃盗罪」(刑法235条)という罪にあたります。
     陳列されている沢山の商品の中から一つ二つを万引きすることには、一般にあまり罪悪感が伴わないようです。しかし、万引きは「他人のものを盗むという犯罪」であることを、まず認識してください。

     君が後輩の万引きに関係がないのなら、それを誰に対してもはっきりと言わなければなりません。疑われたことに対する戸惑いや怖れ、怒りは理解できますが、それに負けていい加減な説明をしてはいけません。
     君がもし、後輩と相談して万引きをしたり、唆(そそのか)してさせたとすると、共同正犯(刑法60条)、教唆犯(61条)になります。盗むという行為を現実にしなくても、実行犯(現実に犯罪を実行した者)と同じ罪に問われます。
     また、後輩が万引きするのを見張って手助けしたり、言葉で励ましたりしたのなら、幇助犯(62条)といって、共犯よりは軽いのですが、やはり罪を犯したことになります。
     逮捕されて警察に引き渡されると、取調べを受けた上、家庭裁判所に送られます。そこでは調査官との面談や、裁判官の審判が予定されています。

     ところで、刑法は「14歳に満たない者の行為は罰しない」(41条)と定めているので、君が14歳未満であれば「罪を犯した」ことにはなりません。しかし、「少年法」という法律にいう「触法少年」、つまり14歳に満たないで刑事法令に触れる行為をした少年として、児童福祉機関から送致された場合には少年審判を受けることとなります。

     早い段階で真実をはっきりさせないと、君は様々な取調べを受けたり、審判を受けさせられたりすることになります。後輩をかばっても、結局本人のためになりません。勇気を持って行動してください。

2014年12月26日

少年事件に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ