20歳になる直前で捕まった!

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月16日

 あと3か月で20歳になるというときに酒気帯びで0.21が出て、捕まってしまいました。赤信号無視も加わり、前科無しの合計14点引かれ90日の免停を受けました。まだ私は20歳になっていないため、家庭裁判所から連絡がくるとは言っており、もう2ヶ月ほど待っているのですが、連絡が来ません。連絡が来た時に20歳になっていたら家庭裁判所じゃなくなるのでしょうか?あと20歳だから、未成年だからとかで刑が重くなったり軽くなったりするのでしょうか?



(10代:女性)

関連Q&A

朝家に警察がきて任意同行、青少年健全育成条例違反?

少年事件 2017年04月20日

家に警察がきて任意同行を求められました。最寄りの警察署です。 不純異性交遊(青少年健全育成条例違反?)での同行で内容は認めています。 証拠品として携帯電話を没収されました。 その後帰宅できました。 取り調べは終始高圧的な態度でしたが家...

保護司の変更は可能でしょうか?

少年事件 2016年03月28日

今、息子は去年の10月から少年院に入っています。少年院からはだいたいの矯正予定が届き、11ヶ月の予定と書いてありました。 ところが、保護司の方が訪問してきた際に「息子は長くなりそう」とか「まだまだ帰って来ない」とか色々言って帰られまし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     家庭裁判所の審判は、審判時に20歳以上未満でなければなりません。審判時に20歳以上である場合は、家庭裁判所ではなく、検察官に送致された上で処分されます。



     ご相談の場合のように、酒気帯び運転などの悪質または重大な交通違反をした場合は、交通反則金制度の対象とはならず、刑事裁判を経た上で、罰金や懲役刑などの処分が下されます。

     もっとも、交通違反を認めた場合は「略式裁判」による処理が行われ、書面上だけの簡易裁判によって即日、罰金額が確定します(略式裁判に応じず、通常の裁判を受けることも可能です)。



     未成年者が重大な交通違反をした場合、成年者のように刑事裁判を経て処分されるのではなく、家庭裁判所で審判を受けることになります。

     ただ、家庭裁判所で審判を受けるには、審判時において20歳未満であることが必要です。審判時に20歳以上である場合は、検察官に送致され、成人と同様に処分されます。

     ご相談の場合も、審判時に20歳以上であることが予想されますので、家庭裁判所ではなく、検察官に送致された上で、略式裁判や通常の裁判を受けることになるでしょう。その際、犯行時に20歳未満であったことは、あなたに有利な事情として働く場合もあるでしょう。

     なお、酒気帯び運転の法定刑は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金であり(道路交通法117条の2第1項)、赤信号無視の法定刑は、3月以下の懲役または5万円以下の罰金です(道路交通法119条第1の2項)。

2015年07月16日

少年事件に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

丁寧な説明を心がけています。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ