弁護士コラム

犯罪・刑事事件

Section banner criminal
逮捕・勾留用語集 逮捕・勾留 2017年12月16日

警察官・検察官とは? t一般の方にとっては、警察官と検察官の違いからしてわかりづらいところです。 おおざっぱにいうと、警察官は捜査を担当し、被疑者を逮捕する役割を担っています。これに対して、検察官は、逮捕された被疑者を必要に応じてさらに勾留し、起訴・不起訴を決定する役割を担っています。また、起訴した後の公判を担当するのも検察官の役割です。勾留先として拘...

一部執行猶予の制度について 犯罪・刑事事件 2017年09月20日

平成28年6月1日から、刑の一部執行猶予の制度が始まりました(注[1])。 法律自体は制度開始3年前に成立していましたので(注[2])、いよいよの施行となりました。 1 刑の一部執行猶予制度 刑の一部執行猶予の判決は、次のようなものになります。 「被告人を懲役3年に処する。その刑の一部である懲役6月の執行を2年間猶予する。」 この場合、まず、刑務所で2...

大麻の使用は罰せられない???なぜ? 犯罪・刑事事件 2017年08月18日

大麻の使用はなぜ罰せられないの?? 昨年、元女優の高樹沙耶さんが大麻所持で現行犯逮捕され大きなニュースとなりました。 ここで、あれ?所持だけ?使用は?と思われた方は多いと思います。本人が使用を認めたのに?? 大麻取締法は大麻草及びその製品の栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受を禁止する法律ですが、使用は禁止されていません。 なぜ最も禁止する必要のある使用が禁...

タトゥー裁判 犯罪・刑事事件 2017年07月28日

医師免許を持たずにタトゥーを入れたということで,医師法違反の罪に問われた彫り師の刑事裁判が現在,進行中です。 今年4月に第1回公判が開かれて,彫り師の人は無罪を主張しました。 争点は,タトゥー(入れ墨)が「医業」に該当するか否かです。 医師法第17条には,「医師でなければ,医業をなしてはならない。」と規定されています。 検察側は,感染症の危険性などを理...

無線LANただ乗り事件についに判決!その結果は「無罪」!? 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 2017年04月28日

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。 他人の家の無線LANを勝手に使う「ただ乗り」を電波法違反の罪に問えるかどうかが争われた刑事裁判の判決において,東京地方裁判所は,平成29年4月27日,被告人が入手した無線LANの暗号化鍵(パスワード)について,電波法が無断使用を禁じる「無線通信の秘密」には該当せず,「ただ乗り」を無罪と...

ヌンチャク所持無罪判決、そもそもどういう法律? 逮捕・勾留 2017年03月14日

ヌンチャク所持無罪判決、そもそもどういう法律? 判決の全文が確認できないので、あくまで、ネット上の記事と法律の条文からの検討になります。 まず、軽犯罪法ですが、これは軽微な秩序違反行為について処罰する法律です。 具体的な行為は、1条に定められています。 大声をあげて迷惑をかけたり、こじき行為をしたりということについて処罰が置かれています。 本件が関係す...

この店長の行為には、法的に何らかの問題があるでしょうか? 窃盗・万引き 2017年02月15日

この店長の行為には、法的に何らかの問題があるでしょうか? それはあるでしょう。 名誉棄損行為です。 仮に犯罪者の犯罪歴を公開する行為(本件では、公判を経ておらず犯人かどうかも不明ですが)であっても、名誉棄損は成立します。 もっとも、違法性阻却の規定はありますが、「公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合」とい...

「万引犯」の画像貼り出しは問題ない? 窃盗・万引き 2017年02月10日

窃盗犯人ということを確認しないで、その人の画像を窃盗犯人として貼り出すのは、一応、名誉棄損行為に当たりそうです。 万一、後日判明したところ、それが人違いであったとした場合には、その人の名誉を傷つける行為を公然と行なったわけですから、刑法犯つまり名誉棄損罪(刑法230条)で処罰される可能性がある、のみならず、民事上もその人から、不法行為責任(民法709条...

ASKA氏タクシー車内映像報道と、検索結果削除に関する最高裁決定について 薬物事件(覚せい剤・麻薬・大麻) 2017年02月01日

犯罪報道とプライバシー権・人格権の関係について、①覚せい剤取締法違反で逮捕・勾留されたのち不起訴処分で釈放された歌手ASKA氏に関し、逮捕直前のASKA氏のタクシー車内での映像を複数のテレビ局が放送した問題について、放送倫理・番組向上機構(以下、「BPO」といいます)の放送倫理検証委員会は、「問題点はあるものの、各局の報道内容について公益性も否定できな...

狩野英孝氏の淫行報道について 性犯罪 2017年01月21日

タレントの狩野英孝氏(以下、「狩野氏」といいます)が18歳未満の少女と宿泊し、淫行の実施により東京都青少年保護育成条例違反の可能性があるのではないか、が問題となり、本日(1月21日)狩野氏が記者会見を行ないました。そこで、当該問題について法的な検討を行なってみたいと思います。 1.青少年健全育成条例による未成年者との淫行規制 (1) 未成年者との性行為...

犯罪・刑事事件に強い弁護士

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

困っているあなたのモヤモヤを解消します!!

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

ページ
トップへ