犯罪・刑事事件 | 器物損壊

器物損壊は、他人の所有物を損壊もしくは傷害する犯罪行為です。簡単に言えば物を壊された場合に器物損壊は成立するのですが、「(親告罪のため)壊された側が訴えを起こすこと」、「犯人に意図的に壊されたと証明すること」の二点がないと犯罪行為として扱われることはありません。
こうした器物損壊及び関連する刑法の知識や、器物損壊のトラブルに強い弁護士・法律事務所を紹介します。

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回法律相談無料】しっかりとお話を伺い,適切な解決策をご案内します。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

器物損壊に強い弁護士一覧

器物損壊

Eyecatch kibutsu

器物損壊に強い弁護士

刑事事件を主に取り扱っています。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

ページ
トップへ