器物損壊 犯罪・刑事事件

器物損壊は、他人の所有物を損壊もしくは傷害する犯罪行為です。簡単に言えば物を壊された場合に器物損壊は成立するのですが、「(親告罪のため)壊された側が訴えを起こすこと」、「犯人に意図的に壊されたと証明すること」の二点がないと犯罪行為として扱われることはありません。
こうした器物損壊及び関連する刑法の知識や、器物損壊のトラブルを得意としている弁護士・法律事務所を紹介します。

器物損壊

Eyecatch kibutsu
Go To Top Html