犯罪・刑事事件 | 器物損壊

器物損壊は、他人の所有物を損壊もしくは傷害する犯罪行為です。簡単に言えば物を壊された場合に器物損壊は成立するのですが、「(親告罪のため)壊された側が訴えを起こすこと」、「犯人に意図的に壊されたと証明すること」の二点がないと犯罪行為として扱われることはありません。
こうした器物損壊及び関連する刑法の知識や、器物損壊のトラブルに強い弁護士・法律事務所を紹介します。

私たちは、あなたにとって、最善の解決策を提案し続けます。

丁寧な説明を心がけています。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

刑事事件を主に取り扱っています。

【吹田市】JR吹田駅中央口すぐ

器物損壊に強い弁護士一覧

器物損壊

Eyecatch kibutsu

器物損壊に強い弁護士

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回相談無料】ご依頼者様の心の平穏のため,全力で弁護させていただきます。

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ