認知症の父が壊した病院の備品、弁償する義務はある?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年02月18日

 妻の父親は認知症(介護度2)ですが、がんの治療のためある病院に入院することになりました。

 その病院は、父の認知症を知った上で入院を勧めてきたものですが、付き添いを必要とするなどの条件は一切提示されませんでした。

 ところが先日、病院から連絡があり、父がシーツを便器に突っ込んだり、医療機器を壊したため、至急病院に来るように、というのです。病院側から具体的な請求は受けていませんが、妻はいったいいくら請求されるのかと、大変不安を感じているようです。
  父の行為に対して弁償するよう請求があった場合、支払う義務はあるのでしょうか。


(30代:男性)

関連Q&A

器物損壊の相手と時効

器物損壊 2017年03月28日

新築建売で購入した住宅のコンクリートの 外壁の角が20cm程の巾で黒く汚れて欠けてきました 原因は工事中にコンクリートが欠け、コーキングで角を造って塗装し補修して引渡した、2年弱でコーキングが劣化し、塗装が剥がれコーキングが黒く汚れた...

見ず知らずの精神異常者に車を壊されたが・・・

器物損壊 2017年02月08日

月極駐車場に停めていた車を見ず知らずの男性に壊されました。 現行犯でその場で逮捕されました。車の修理見積りは142万円です。 犯人は72歳で年金生活、妻と娘がいますが精神的に問題があり賠償を期待できません。 告訴をしてその後には損害賠...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     故意過失によって他人に損害を与えた場合は、その損害を賠償する責任を負います(不法行為責任民法709条)。
     したがって、看護婦の態度が気に入らないからと病院の備品を損壊したような場合には、たとえ入院患者であっても、病院からの損害賠償請求に応じなければなりません。



     しかし、病気による苦痛や、認知症により通常の人が有する判断力を欠いたために備品を壊した場合には、故意・過失によって損害を与えたとはいえません。
     したがって、このような場合には、病院はお父さんの行為につき損害賠償を請求することはできません。



     ところが、本件においてお父さんはがん治療のために入院されているため、認知症の症状による「免責」は働かないとも思えます。
     しかし、病院は入院患者の健康状態を総合的に把握し、最適の環境を整え治療を行う義務があると考えられます。
     すなわち、がん治療が目的で入院した患者であっても、その他の疾病が無いか、あるとすればそれに配慮しつつ治療行為を行うことは、患者と病院が締結している診療契約(準委任契約民法656条)によって負う善管注意義務民法644条656条)にあたるといえます。


     もし、病院が認知症の患者に必要とされる配慮を欠いた結果、お父さんがケガをしたような場合には、かえって病院側がお父さんに対し損害賠償責任を負うことになります(民法415条)。

2015年02月18日

器物損壊に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

丁寧な説明を心がけています。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ