偽ブランド品の仲介

User image 1 lu_55eb8fbaさん 2018年12月30日 13時28分

質問、相談させてください…

偽ブランド品を友達や知り合いのをお金預かって海外へ一緒に頼んでたのですが、それも犯罪になりますでしょうか?

偽ブランドを個人的な使用目的で購入、使用するのは、
問題ないですが、他人のものまで購入すると、業務性が
出てきますので、商標権侵害になり、税関で止められて
没収されるか、後日、税関から、通知が来る可能性があ
りますね。
リスクがあるので、自分の分だけに止めておいた方が、
賢明だと思います。
以上、私見です。

2018年12月31日 10時44分
補足質問
User image 1

lu_55eb8fba - 2018年12月31日 11時03分

年末の忙しい中回答感謝いたします。

万一がそれがバレてしまった場合(利益はもちろんない)友達からは振り込みなどでお金預かってました…
どのような罪になるのでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170626 19046 bzw2z0

内藤 政信 弁護士 - 2018年12月31日 11時35分

商標法に関しては刑事罰まではないでしょう。
商標権者から警告は来るかもしれません。
税関は通報するでしょうから。
知人に対しては、弁償すればすむでしょう。
没収となれば、あなたの注意義務違反で損害
を与えたことになりますから。

偽ブランド品などを販売目的で所持すると処罰の対象となりえます。商標権侵害として商標法78条は,10年以下の懲役若しくは1000万以下の罰金あるいはそれらの併科となっています。
自己使用の目的であれば転売目的ではないので,犯罪とはなりません。ただ,友達や知り合いの分というのがどれほどの数になるのかにより,転売目的を疑われる可能性はあります。自分一人分を購入したのとは異なります。
海外通販で購入した場合は,海外からの持ち帰りと同じように,商標法違反だけでなく,関税法違反も問題となりえます。
関税法は「商標権を侵害する物品」を輸入してはならないとしており(関税法69条の11第1項9号),その違反に対して10年以下の懲役・1000万円以下の罰金の刑事罰を定めています(関税法第109条2項)。
関税法は,商標法と異なり,転売目的の場合に限っていないで輸入行為そのものが処罰の対象になりそうです。しかし,自己使用の場合には,現実には処罰の対象とはならないと思われます。違法性の程度が低いからです。
しかし,商標法違反と同じように,自分以外の人の分がどの位あるのか,今までも同様の行為をしたかどうかで判断されると思われます。発覚した場合に,捜査を受ける可能性がありうることは否定しません。

2019年01月01日 21時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親の借金のかたで風俗に沈められそうな人がいる。何かできそうなことはないか。

犯罪・刑事事件 2019年08月03日

すみません、質問します。 親の借金でその娘さんが消費者金融等に脅され、契約書を書かされ、朝までに金を返せなかったら~っという形で助けを求められた場合、第三者としてどういう対応をすれば良いですか? 今の状況ですと、ホテルでお客さんの目を...

履歴書に偽造(嘘)の内容を書いた場合

犯罪・刑事事件 2019年08月01日

履歴書に偽造(嘘)の内容を書いた場合は、刑事罰に問われるものなのでしょうか? 例えば、経歴詐称、学歴詐称、保有しない資格を記載した場合などは、刑事罰に問われるものでしょうか? 私自身は、履歴書を偽造(嘘)の内容を書いて、刑事罰に問われ...

任意同行での写真撮影と身元引受人

犯罪・刑事事件 2019年07月28日

よろしくおねがいします。 無断で顔写真を撮ったということで、警察署に任意同行されました。 その際に、供述調書をとられ、顔や全身の写真を撮られました。 その後、身元引受人をよばれて帰されました。 そこで、質問です。この写真撮影は断ること...

顔写真の盗撮は犯罪になりますか?

犯罪・刑事事件 2019年07月16日

よろしくお願い致します。 本人の顔写真を、本人の了解を得ず盗撮したとして、警察に任意同行されました。 そこで、供述調書と写真をとられ、説諭ということで帰されました。 そこで質問です。勝手に顔写真を撮るということは、良くないことだとは思...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ