病院を訴えたいのですが、このケースどのような罪に適応されますか?

User image 1 123456さん 2017年01月13日 02時31分

ある産婦人科での出来事です。

その病院とは私と妻と毎回定期健診に伺っていました。妊娠9ヶ月に入り出産も目前に迫った頃に、私たちは担当医に「出て行け。2度と来るな」と言われ、追い出されました。
 実は度重なる担当医の無神経な言動に我慢を続けていまして、「このような気持ちでは安心して出産日を迎えられない」という思いから、気持ちを打ち明け少しでもお互いに譲歩出来ればとしようとしました。相談内容の1つに「予約時間の件」があったので、まずはそこから伝えようとしました。
しかし私が「先生、今日の私たちの診察時間が10分でしたけど」と口を開いた瞬間に一気に言葉を被せ「忙しい!受付に話せ!」といきなり不機嫌。何度話し出そうとしても、言葉を荒立てて来るので話せませんでした。そして私が「先生、それじゃ一方通行で会話になりませんよ」と話すと、「一方通行ですよ!私が決めることですから!ウチが気に入らないならば出てけ!」と、胎教が必要な時期にも関わらず妻の前で怒鳴りちらして退室してしまったのです。普段妻と先生の会話だけで、私に会話が振られてくることはありませんでしたし、「私がいろいろしゃしゃり出るのも邪魔になりそうだな」と、私はいつも付き添うだけでまともな会話は今回が初めてでしたので、この言動に全く理解出来ませんでした。

 精算の際「予約時間の件」を言われた通り受付に伺ったところ理解出来なかったので、聞きなおすと「だから、そういうこと!こっちも仕事が忙しいの!」と、ここでも説明拒否。挙句の果てには「理解力が乏しいんじゃない!?」と中傷まで受けました。予定日前なのでなんとか穏便に済ませようと妻と我慢していましたが、いい加減こちらも腹がたったので「きちんと仕事をして下さい!」と受付に伝えると、「もう病院替えるんでしょ!?必要ある!?」と追い出されました。
 妊娠9ヶ月の妻は「鉄分」が足りないと薬をこれまで飲んでいましたが、もちろん処方されることもありませんでした。妻は今回全く喋ってもいません。次の病院も薬もない妻と子供を捨てた病院が許せません。
訴えたいのですが可能でしょうか?また、どのような罪状が一番適していますか?

不法行為に基づく慰謝料請求だね。
暴言や説明義務違反。
医師法にも患者に対しての義務が記載されていると思う。
著しい義務違反だね。

2017年01月13日 11時19分

民事上は、医療契約上の善管注意義務に基づく説明義務違反や、医師ないし受付の方の暴言に関しては不法行為として慰謝料請求を行う余地はあるかと思います。

刑事的には、特に受付の方が不特定多数の前で「理解力が乏しいんじゃない!?」といったのであれば理論上は侮辱罪にあたる可能性はありますが、侮辱罪の法定刑は「拘留または科料」と非常に軽く、微罪ですので立件される事例は稀ではないかと思います。
その他、特別法に違反しない限りは、刑事責任まで問うことは難しいのではないかと思います。

他には、役所の管轄部署に苦情申入れを行う方法等が考えられます。

2017年01月13日 16時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親の身分証勝手に使って携帯契約してどうなりますか?

犯罪・刑事事件 2018年11月10日

未成年なのですが親の身分証を使って携帯を契約したのですが、どーなりますか!

裁判和解後の和解金未払い

犯罪・刑事事件 2018年11月04日

今年の春に、裁判上において和解をいたしました。その際に、原告側に150万の和解金を支払うことで和解しましたが、私の金策が予定通り進まなくなり、今現在、約半年にわたり和解金未払いの状況です。相手方からは当時の担当弁護士に警告文が送付され...

自宅にあった誰のか分からない宝飾品は売ってしまったら犯罪?

犯罪・刑事事件 2018年10月16日

自宅に、傷だらけの金のネックレスがあるのを掃除の時に見つけました。 家族に訊いても誰のものかわからないし、もしかしたら昔頂いたものか、はたまた拾ったものか、何かの時に購入したのか、さっぱりわかりません。家族はそれを目にしたのは初めてで...

婚姻届を勝手に提出 訴えることは可能か

犯罪・刑事事件 2018年09月05日

未成年(19歳) と 成人(26歳) 未成年が婚姻届の証人(親の同意)の欄を 勝手に書き提出していました。 未成年と成人 の2人は自分の意思で 入籍したと言っています。 この時 親が訴え婚姻を 無効 または 取り消す事は できるのでし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ